• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

杏林大学医学部生物対策動画

配点
75点(理科は2教科で150点満点)
制限時間
50分
問題構成
大問3題 全答マーク式

杏林大学医学部の生物はどんな感じですか?

中森杏林大学の生物は大変です。
マークの選ばせ方が”あっているものを全て選べ”という感じです。
生物は難関大学を目指している人は特にそうですが、論述・記述能力を磨いている人が多いと思います。
その中でオールマーク式でたくさん問題が出るとなると、書く能力より読む能力が重視されます。
また計算問題も多いので、優先順位が後回しになっている方を、重視していかないといけない点が難しいです。

こんな生物の対策はあまりしないという感じですか?

中森はい。通常の生物の重視ポイントがマーク方式のため出題されません。記述・論述が好きな大学が通常は多いです。

難易度は?

中森難易度は標準問題が中心です。
ですが、問題集の答え・解き方を暗記しているだけでは解けません。教科書内容を読んでおいたり、講義系参考書などを一緒に使わないといけないです。
問題集だけで乗り切っている人は大変かもしれません。

武田塾の4レベルでいうと?

中森MARCHレベルです。

参考書の名前でいうと?

中森”理系標準問題集”や”基礎問題精講”です。
”理系標準問題集”はA・Bと難易度がありますが、Aがメインとなります。
大切なのは教科書や資料集を使っているかどうかです。

ただ知識を暗記しただけではダメだという問題が強いですか?

中森強いです。知識があるのは前提で、その周辺情報も覚えておくべきです。
1問1答の覚え方では不十分です。
また、計算問題が多いので計算練習をしておきましょう。
生物を選択している人のなかでは計算系を苦手な人もいると思うので、ここの計算はできるようにしておかないと、受かる人はみんなとってくる難易度です。

ポイント

  • ・難易度は標準レベル。MARCHレベルで対応可能。
  • ・全答マーク式なので出題数が多く、書く能力より読む能力が大切になる。
  • ・計算問題も多いので練習しておく。
  • ・知識があることは前提で、その周辺情報も覚えるべき。

杏林大学医学部関連動画

その他の大学医学部

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

無料受験相談に申し込む