• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

杏林大学医学部数学対策動画

配点
100点
制限時間
60分
問題構成
大問4題(数Ⅲを含む) 全答マーク式

杏林大学医学部の数学、どんな感じか教えてください。

中森時間で考えたら難しいという感じです。
大問4つを60分で解くのはセンターですらきついじゃないですか。
数Ⅲの範囲が混ざってそれは結構エグいよねって話です。問題の難易度は、基礎と標準が中心です

武田塾は便宜上日大・MARCH・早慶・東大レベルと参考書のレベルがありますけど、どのレベルですか?

中森MARCHレベル終わっていれば大丈夫です。
ものによっては日大レベルで解けるっていう感じです。
ただ、1個1個の大問がセンターと同じように大問の中で色々出してくるような形式なので、日大レベルだと最初の問題だけ解けるだけになってしまいます。
どの大問も、MARCHレベルを対策していなかったら、解けない問題があるくらいの難易度ですね。

最新年度2016年度の入試問題から複素数平面という新課程の範囲が出ました。
大体の人は回答を見て、”あぁこれか!”と分かる問題が多いです。
”全然見たことないな””頭使うな”という問題より”これ知ってる!”という問題が多くて、それをミスせずにすぐ気がついて解けるかを試されるような試験です。
このような形式だと、答えが当たるか当たら無いかの0か100です。
例えば、記述問題だったら部分点がありますが、こういう問題はそういうのがなくて、しかも簡単な問題だから取れる人は取ってくるということなると、計算量が重要になってきます。

センター試験との大きな違いは、さっき言った複素数平面もそうですけど、グラフ・図形問題の構成が問題の中で多めです。
そうなるとグラフ・図形を書く能力が必要になってきます。
そして書くことに時間を使ってしまったら本末転倒なので、手早く状況を把握して図・グラフにする力を身につける必要があります。

ポイント

  • ・制限時間が短い。
  • ・難易度は基礎・標準レベル。MARCHレベルで対応可能。
  • ・グラフ・図形の演習が必要。

杏林大学医学部関連動画

その他の大学医学部

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

無料受験相談に申し込む