• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル御茶ノ水校】大学紹介その⑨【自治医科大・産業医科大】

みなさんこんにちは。【医・歯・獣医学部専門予備校】武田塾メディカル御茶ノ水校の弘中です 🙂 

お盆休みに入ってきた人も多いのではないでしょうか。

勉強に集中できない日もあるかもしれませんが、いい機会だと思って気分転換にお休みするのもいいかもしれませんよ。

しっかり休んだらしっかり勉強して、メリハリを大事に夏を乗り切っていきましょう。

 


 

前回お知らせしたとおり、今回は少し特殊な私立大学をご紹介します。

そも目指す医師像が少し違っていたりするので、こんな選択肢もあるのだなと興味を持って下されば幸いだと思っています。

👉大学紹介その①【日本医科大・東京女子医科大】はこちらから。

👉大学紹介その⑧【埼玉医科大・獨協医科大】はこちらから。

 

まずは、自治医科大学をご紹介します。

 

🌼経済面から志を支えるシステムを実現

これからの医療を支えようとする気概を持つ学生全員に対して、自治医科大学は平等な姿勢を貫いています。経済的事情により、高い資質や志が行き場を失うことのないように、学生が地域医療の一翼を担うべく成長できるよう、自治医科大学の門戸は皆さんに広く開かれているのです。

👉修学資金貸与制度

修学資金貸与制度とは、「自治医科大学医学部修学資金貸与規程」に基づき、入学者全員に必ず学生納付金相当額及び入学時学業準備費を貸与するもので、そのために、入学手続きの際、「修学資金貸与契約書」を提出し、本学との貸与契約を締結することになります。この制度により、入学金などの一時金は不要となります。

この修学資金は、大学を卒業後、直ちに、第一次試験の試験地の都道府県知事が指定する公立病院に医師として勤務し、その勤務期間が修学資金の貸与を受けた期間の2分の3(1.5倍)に相当する期間に達した場合は返還が免除されます。

👉奨学金貸与制度

自治医科大学医学部には、奨学金貸与制度もあります。少額資金は生活費の一部を貸付することにより、経済的な面から修学を支援していくものであり、申請に基づき無条件で月額50000円を貸与します。さらに家庭の経済状態や学業成績などを勘案して選考し、最高月額150000円まで無利息で貸与する制度です。

なお、卒業後、9年以内に割賦(毎月6月および12月の半年賦均等償還)の方法により変換します。

🌼医師国家試験全国TOPクラスの実績

自治医科大学が誇る特徴の一つが、医師国家試験の合格率の高さです。

第1期卒業生が受験した1978年から2017年までの40年間、医師国家試験で全国トップの合格率が16回、合格率100%を6回記録するという高い合格率を誇っています。2017年に実施された第111回医師国家試験では合格率100%で5年連続全国1位の成績を収めました。

🌼出身都道府県の地域医療を支える強固な縦横のつながりを育む

自治医科大学には、都道府県ごとに「県人会」が組織されています。在学中から地元の地域医療を支える絆を深めるため、夏休みには、各都道府県の主催するへき地医療体験実習・研修会に参加し、教員や卒業生(先輩)との交流を図ります。この県人会は、建学の理念に基づく目的をもっている本学独自のものであり、他大学には見られない制度です。

🌼卒後9年間と多彩なサポート

卒業後、義務年限である9年間は基本パターンにのっとって「全人的資質を備えた総合医」になるべく研修に励みます。

👉2年間臨床研修(総合医への資質の向上)

+3年間へき地など勤務(地域全体の生活の質向上に貢献+総合医への素養)

+2年間後期研修(高度な専門性の修得)

+2年間再び地域医療に従事(最新医学知識・医療技術を地域住民に還元)

=9年間(義務年限)

👉文献複写サービス等

最新の医学・医療情報の入手が困難なへき地に勤務する医師に対し、本学図書館が所蔵文献の複写・送付サービスを提供。このほか国内外の電子ジャーナルの閲覧もでき、他大学や機関が持つ資料の取り寄せも可能です。

👉薬物投与設計支援システム

地域医療に従事する卒業生に対し、薬理学講座臨床薬理学部門が中心となって、薬物療法を支援します。これにより、患者さんの血中薬物濃度をもとに投与量や投与感覚を設定するなど、薬物療法の最適化を図れます。

👉研究活動支援~地域医療研究支援チーム~(CRST)

地域医療に携わりながら独自の研究に取り組む医師に対し、自治医科大学教員の有志により結成されたCRSTが、研究デザインから論文執筆、および作成した論文の雑誌投稿に至るまでの一連の流れを総合的に支援します。

👉ドラッグ・インフォメーション

薬剤師が不在のへき地診療所などに対し、附属病院の薬剤師が薬剤管理に関する情報を提供します。薬効や副作用に関する問い合わせへの対応のほか、薬局の円滑なサポートをする活動も行っています。

 

地域医療を支える医師を育成することが目的の大学です。医療崩壊の起こるへき地などに赴任し、自らが地域のリーダーとなって人々を支えていくという経験は、通常の大学を経て得られるものではありません。地域医療に興味のある方は、全寮制の中しっかりと学ぶ事が出来る自治医科大学も視野にいれてみてください。

 

次に紹介するのが、産業医科大学です。

 

🌼医師免許取得と同時に産業医資格(永久資格)を取得できる日本で唯一の医科大学。

卒業直後に「産業医学総合実習(10時間)」を受講することにより、本学医学部卒業生は医師免許取得と同時に企業の事業場に産業医として選任される資格を取得することができます。

👉行政機関

衛生行政の分野に多くの卒業生が進み、政策の立案から実行まで様々なプロセスを行政官として支えています。ILOなどの国際機関でも活躍しています。

👉労災病院

専門産業医コースⅡに進み臨床医学の専門医を習得した多くの卒業生が、全国各地の労災病院で疾病の治療や健康増進に取り組んでいます。

👉医学研究

全国の大学や研究機関において、基礎医学のみならず疾病の予防から健康増進まで幅広い分野の医学研究を行っています。

🌼産業医育成を目的とした教育体制

働く人々の健康と環境に医学の眼でアプローチする産業医は、産業の発展と活性化を支える意味からも、21世紀において極めて重要な役割を担っています。医学部では、医学を産業社会の中でより深く、より広い視野から考えることのできる人間性豊かな産業医を養成します。

👉産業医学とは

科学技術の進歩や産業の発展に伴う環境の変化が、働く人々の健康に与える影響を解明し、予防医学・治療医学に加え、健康増進まで一貫した体系として取り組む新しい医学です。

👉産業医とは

より快適な職場環境を形成するために産業現場において産業医学を実践する医師です。

労働安全衛生法では、常時50名以上の労働者を使用する事業場において、授業者に産業医の選任を義務付けています。また、1000名以上、ないしは有害業務に500名以上の労働者が従事する事業場では、専属の産業医が選任されるこのになっています。このように、産業医は法令により、働く人々の健康を支えることを主業務とする医師です。

現代社会では、技術革命、IT化、グローバル化等の進展に伴い、働く人々の就業形態が多様化し、労働条件や職場環境も著しく変化しており、「社会の活力の基盤である働く人々の健康管理」はますます重要になり、産業医に対する期待や果たすべき役割は一段と大きくなっています。

🌼修学資金貸与制度

医学部の学生全員を対象に、公益法人産業医学振興財団が修学資金として学生納入金の一部を貸与する制度です。

👉修学資金貸与制度

学生納入金の約3分の2を貸与することにより、6年間の実質負担額は約1130万円に減額されます。貸与期間の1.5倍の期間、返還免除対象職務に就くと、貸与した金額が返還免除となります。

返還免除対象職務

①産業医

②産業医科大学教員

③労災病院の医師

④厚生労働行政機関の職員

⑤その修学資金貸与規則に定める職務

主な流れ

入学⇨卒業⇨臨床研修(2年間)(専門産業医コース/専門産業医コースⅡ/大学院)⇨返還免除対象職務就業(4~5年間)⇨全額返還免除

👉学費サポート制度

修学資金貸与制度を利用しつつも経済的理由により授業料の納入が困難であり、かつ学業優秀と認められる学生を経済面からサポートします。詳しくはこちら。

授業料免除制度

開学30周年記念奨学金給付制度(平成31年度をもって終了)

特待生制度(修学資金貸与制度を利用していることが前提条件)

🌼卒後教育

2年間の臨床研修で、医師としての基礎を築き産業医として必要な専門知識や技能を身に付ける為、さらに3年から4年間の修練を行います。

👉産業医学卒後修練課程

優れた産業医等を養成するため、産業医学卒後修練課程を平成元年から開設しました。

卒業生は、卒業後直ちに本課程に所属し、産業医等として勤務するために必要な専門知識や技能の修練を受けます。2年間の臨床研修で医師としての基礎を学んだ後、3年から4年をかけて、2つのコースごとに特色のある修練を受けます。この間、両方のコースで、産業医として実際の勤務に就くことも可能です。

 

産業医等として働くことを目標にした育成カリキュラムで構成された大学です。特徴的なのは、卒後も育成が継続するということ。産業医は通常の医師と違い、立案から実行までを担います。向上心を持って働きたいという方には、ぴったりかもしれませんね。

 


 

自治医科大学は「地域医療人」、産業医科大学は「産業医」になることを前提としたカリキュラム・プログラムになっています。

そのための特色ある授業内容や、しっかりと組まれたサポート体制は、目指す医師像がはっきりしている大学ならではだと思います。

通常の医師とは違う道に興味のある方は、ぜひ調べてみて下さい。

次回からは西日本の私立大学を中心にご紹介していきます。

それではまた次回お会い致しましょう 😀 

 

【武田塾メディカル御茶ノ水校】

 JR御茶ノ水駅から徒歩8分、丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩6分

 TEL:0120-057-733(フリーダイヤル)

 住所:〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-1美工本郷ビル4階

 お問い合わせはフリーダイヤルにご連絡いただくか下の「無料受験相談お申込み」フォームをご利用ください。

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。