• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】医学部の最低偏差値ラインはどのくらいですか【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】

こんにちは。

武田塾メディカル横浜校教務の中井です。

 

「人間は考える葦である」

 

有名な言葉ですね。

これは、17世紀フランスの思想家、数学者であったブレーズ・パスカルの言葉です。

葦は樫の木と異なり風が吹けばしなってすぐ曲がってしまうが、樫の木は風が吹いても曲がらない。

だが、何度も何度も風にあたると樫の木は根元から折れて元に戻らないが、葦は再び元の姿にもどる。

人間も同じです。

逆境や苦難に襲われると心が折れてしまう事がありますが、しかし人間は考える事ができる、強い精神がある。

なのでまた元の姿に戻り、困難な道に立ち向かって行けるのです。

皆さんも、葦のように逞しく柔軟な思考で医学部受験を頑張ってください!

さて、本日の質問はこちら

 

Q.医学部の最低偏差値のラインは?

 

医学部入試は、東大や京大を除けば標準~やや難といわれる程度の問題が多く、

医学部だからと言って難しい問題が出題される訳ではありません。大事なのは完璧に早く解答する事です。

それには各教科ともにしっかりとした基礎が必要最低限必要となります。

そのため最低限の基礎力を持っているという一つの目安は、河合塾の全統記述模試で偏差値65程度であると思います。


しかしこの数字を達成したからと言って、医学部合格ができるわけではありません。

これくらいの基礎を身につけてはじめて、スタートラインに立ったと考えた方が良いということです。


医学部入試は大学の特色が出やすい入試であり、偏差値が高いから必ず受かるというものではありません。

ですが最低限の基礎力の有無を確認するということで、河合塾の全統記述模試で偏差値65程度を目標に頑張ってみてください。

模試を受ける前に自分の学力を知りたいというかたは是非、武田塾メディカル横浜校のカリキュラムを無料で体験してみてください。

いったい自分には何が欠けているのか体感できます。

これは大きなチャンスです。

 

武田塾メディカル横浜校では医学部に進みたいが自分の学力だとどこにいけるの?

どんな勉強をすれば志望の大学に受かるの?などといった相談に専門知識が豊富な講師がお応えします。

無料受験相談を毎日行っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

皆様の進路を全力で応援します。

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら ➡ 武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。