• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】受験が近づいて来たこれからの生活リズムについて【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】

こんにちは。

武田塾メディカル横浜校教務の中井です。

本日はラグビー大学選手権の決勝、帝京対東海の試合があります!!

帝京は昨年優勝して史上7連覇を制しました。

今年も優勝して前人未到の8連覇を成すのか、東海大が勝つのか。

とても楽しみな試合です。

さて、本日は武田塾メディカル横浜校講師K君のお話です。

 

みなさん、こんにちは。

武田塾メディカル横浜校で講師をしてますKです。

今日は受験が近づいて来たこれからの生活リズムについてお話したいと思います。

受験も近づいてきて、焦って夜遅くまでたくさん勉強して、朝起きられないだとか、起きても頭が働かない。。。

なんて人はいないでしょうか?

現役生には少ないかもしれませんが、浪人生、特に自宅浪人性にはそういうひとがいると思います。

たくさん勉強することは良いことだとは思いますが、翌日のパフォーマンスに影響するような勉強法は良くありません。

まず大前提として、高校や予備校であれば朝9時ごろから始業ですし、模試や入試本番も朝からスタートするところが大半です。

その時間帯に頭をフル回転させられるよう逆算した時間に起きるべきです。

入試が10時からであれば、8時に起きる。とかですね。

毎日その時間に頭を働かせる訓練をしないといけない、すなわち、そのような生活リズムを作らなければなりません!

勉強をやる気があるときにまとめて夜遅くまでやりたくなる気持ちもわかりますが、夜遅くになるにつれて脳のパフォーマンスは低下し、せっかく勉強したことが身につかないものです。

しっかりした生活リズムを作ることが一番効率の良い方法です!

また、朝起きて学校に行って、塾で勉強して帰ってきて寝るだけも良くありません。

リフレッシュも大切です。

ストイックに勉強だけするような生活はある時突然破綻したり、精神に負担をかけてしまいます。

一日のどこかに1.2回は自分の好きなことをしてリフレッシュするようにしましょう。

わたくしのおすすめは寝る前にリフレッシュすることです。

気持ち新たに翌日を迎えられます。

自分が最も効率よく勉強し、心身に負担を書けないような生活リズムを確立できることを願っております。

 

武田塾メディカル横浜校では医学部に進みたいが自分の学力だとどこにいけるの?

どんな勉強をすれば志望の大学に受かるの?などといった相談に専門知識が豊富な講師がお応えします。

無料受験相談を毎日行っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

皆様の進路を全力で応援します。

*****************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら ➡ 武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。