• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】手帳を使ってスケジュール管理!【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】

こんばんは。

武田塾メディカル横浜校教務の中井です。

今日はクリスマスです。

日頃、受験生に休日は無いと言っていますが、今日は束の間家族や、友人達とたのしい時間を過ごしても良いかなと思います。

今日はとても寒いですが、街ゆくみんなは笑顔で見てるこちらまで心が温まります!

さて、今日は武田塾メディカル横浜校の講師M君のお話です。

 

みなさん、こんばんは。

武田塾メディカル横浜校で講師をしてますMです。

みなさん、来年のカレンダーや手帳は購入されましたか。

今日は手帳を使ってみようということで話して見ます。

手帳を使うメリットは数え切れません。

スケジュール管理がもちろん最大の目的ですが、日々の勉強をより効率的にしたり、

無駄なことをするミスを減らすことができる上、時間を管理できることからプライベートまで充実させることができます。

手帳の使い方は千差万別です。

今回は一つの使い方を記しておくので、参考にして自分なりにベストな使い方をしてみてください。

まず、長期的な目標について考えてみましょう。

あなたの目的は、「第一志望に合格すること」ですね。

その受験まで残り何か月かを考えてみてください。

その期間から、一か月単位でやるべきことが逆算でき、さらに一週間単位で逆算できるはずです。

こうして第一志望に合格する事は現実的になってきます。

このようにして、スケジュール管理では、はじまりとおわりを意識しながらやるべきことを考えることがコツです。

月間・週間の予定が決定したので、一日ごとのスケジュールも定まります。

中・長期スケジュールとは違い、日々の予定は勉強の進め方によって毎日変化します。

今日やるべきノルマが終わっていなければ、翌日はその残りを最優先で取り組まなくてはなりません。

もし残ってしまった場合は、明日最優先で取り組むべきことを寝る前にリストアップしておきましょう。

一日ごとのスケジュールでは、この時間にこれをやる、ということを前日あるいは当日の朝に決めましょう。

このときのコツは、やるべきこととやるべきことの間に空白の時間を設けることです。

例えば、「16-18微分積分、20-22英文法」のように、間に余裕をもたせましょう。

仮に前の予定が長引いても対応できるので次の予定に影響しにくいことと、想定外のトラブルにも余裕をもって対応できます。また、人が最も集中できる時間は「9~11時」、次いで「16~18時」と言われています。

この時間に頭を使う数学などの科目を配置するといいでしょう。

手帳を使いこなすにあたって今回は時間ごとの基礎的なスケジュールの組み方について記しましたが、

あくまで「この時間中にやるべきことを定着させる」ことが目的であり

「やるべきことをやればいい」ではないことに注意してみてください。

そこを意識できれば、驚くほど効率的に勉強が進むことでしょう。

武田塾メディカル横浜校では医学部進学を目指している方の進路相談を毎日実施しております。

医学部受験はタフな道のりです!

私たち武田塾メディカル横浜校は医学部受験を目指す皆様を全力で応援しています!!

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら ➡ 武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。