• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】英語の勉強方法【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】

こんにちは。

武田塾メディカル横浜校教務の中井です。

昨日はあいにくの天候で関東ではスーパームーンが見れない所が多かったです。

私も見ることができず残念に思ってます。

さて本日は武田塾メディカル横浜校講師N君のお話です。

みなさん、こんにちは。

武田塾メディカル横浜校で講師をしてますNです。

今日は英語学習における語彙についてお話したいと思います。

英語学習において、語彙力の強化は反故にはできない問題の一つでもあります。

ある英語学習研究によると、英文中の二割に単語がわからないとその英文は理解できないといった報告もあります。

そこで本日はより具体的に語彙力の強化方法についてのアドバイスをやらせて頂ければと思います。

そして語彙力の補強にあたり、二つの要素に分けて考えていきたく思います。

その二要素とはA英単語B英熟語であります。

A:英単語

必ず一冊の単語帳を極めましょう!

よほど簡単な英単語帳でない限り一冊の単語帳に絞ることをお勧めします。

学校や塾、予備校で与えられた英単語帳があればその中から極める単語帳を決めましょう。

高卒認定から大学受験を考えている人や、どうしても新しい単語帳を使いたい人には『ターゲット1900』が最適です。

この『ターゲット1900』は入試にでる(入試に実際にでた)英単語を出る順に並べている単語帳です。

難関国公立大学や難関私立大学、外国語大学、外国語学部、医学部を受験する人は1900の英単語すべてを完璧に覚えるようにしましょう。(1900語だけでなく派生語など掲載されているものはすべて覚えるとさらによい)そこまでの単語力の必要がない人は後半部分の『難解な英単語』部分は無視しても構いません。

また『ターゲット1900』はCD版も発売されているので『ipod』などを活用し学校への通学時に覚えることも可能であります。

B:英熟語

英熟語帳も一冊やりこみたいところでありますが、英単語帳をやりこむことのほうが重要であるように感じます。

したがって、英単語をメインに学習し、その補完的な観点から英熟語帳を活用することをおすすめします。

しかし、上位校への受験を考えている受験生にはこの英単語帳での学習が差別化をはかる重要なポイントとなるので、そのような方のために具体的な学習法を記載させていただきます。

一般的に『英熟語』1000語レベルまで覚える必要があります。

しかしながら文法を学習していく上でかなりの英熟語を覚えることができるので英文法を学習していく上できちんと体系的に自分で覚えていければ、必ずしも英熟語帳を購入する必要はありません。

高校や予備校、学習塾で指定された『英熟語帳』があればその本を覚えていけばよいでしょう。

武田塾メディカル横浜校では医学部に進みたいが自分の学力だとどこにいけるの?

どんな勉強をすれば志望の大学に受かるの?などといった相談に専門知識が豊富な講師がお応えします。

無料受験相談を毎日行っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

皆様の進路を全力で応援します。

************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら ➡ 武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。