• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】難関大(国公立や早慶)レベルになると、数学は答えのみではなく導出過程を要求されます。【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

こんにちは。

武田塾メディカル横浜校教務の中井です。

 

難関大(国公立や早慶)レベルになると、数学は答えのみではなく導出過程を要求されます。

私は予備校が実施する記述式テストの添削をした経験があるので、そこで思ったことをパターン別に列挙しようと思います。

記述が必要な大学を受ける方は是非参考にしてください。

  • 導出過程が間違ってるのに答えがあっている

 冒頭でも述べたように、答えより導出過程を重視されます。

 導出過程が間違っていたり、導出過程なしで答えだけを書いていて、それがあっていた場合、点はほとんど、

 あるいは1点 もらえません。日ごろから考える数学を心がけましょう。

  • 論理に飛躍がある

 導出過程とは、ある程度段階を踏んで書き進めるものです。書くのがめんどい、時間がないから省略しよう、

 などという態度で論理に飛躍が見られる場合はそこから先の点をもらえない可能性が高いです。

 記述式の答案で過度な省略は禁物です。

  • 記号の使い方がおかしい

 数学は論理記号を使って照明を書く人が多いですが、意味を理解せず適当に使うと減点されます。

 意味と使い方があいまいな記号は使わずに言葉で説明する方が吉です。

  • 文字が小さい・読めない

 入試はふさわしくない受験者を落とすための試験です。

 読めない文字だと高確率で読んでもらえず、政界を書いていても0点です。

 小さすぎる文字も読んでもらえない可能性が高いです。普通に読める字で答案を書きましょう。

  • 回答が中途半端なところで終わっている

 時間内にすべての問題に手を付けようとして、結果的に点数が悪くなる人が多くいます。

 問題で要求される論理の核心部分の記述につける点数が大きいわけですから、

 中途半端なところで終わる解答の点は当然低いです。

 全問に手を付けるよりは、解く問題を見極めて最後まで解き切る方が良いです。

  • 名無し、受験番号なしの答案

 問答無用で0点です。十分注意しましょう。

 解答用紙が両面にある場合、片面に書いたからといって安心してはいけません。

 記名がない面は入試本番では採点されないと考えてください。

  • 式の羅列で言葉の説明がない

 採点者が見てわかるところまでしか採点されません。適宜言葉の説明を入れる訓練をしましょう。

主なものは以上になります。

数学以外の記述にも該当する項目もあると思うので参考にしてください。

記述答案の指導をしてもらえる環境が大切です。(予備校のテストゼミや家庭教師など)

考えが伝わらず採点してもらえないことほど悲しいことはありません。では、勉強頑張って下さい。

武田塾メディカル横浜校では「おためしメディカル」を実施しています。

医学部受験を目指している方には是非、体験して頂きたいです!

武田塾メディカル横浜校のカリキュラムを体験して頂き、効率的な勉強方で偏差値アップが可能なことを体感してみてください!

 

武田塾メディカル横浜校では医学部進学を目指している方の進路相談を毎日実施しております。

医学部受験はタフな道のりです!

私たち武田塾メディカル横浜校は医学部受験を目指す皆様を全力で応援しています!!

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら ➡ 武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。