• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】風邪の予防について【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】

こんにちは。

武田塾メディカル横浜校教務の中井です。

ようやく秋らしい日和になってきましたね。

日に日に寒くなってきて季節を感じる事が出来とても嬉しいです。

樹々が色づいてくるのを心待ちにしています。

本日は武田塾メディカル横浜校講師N君のお話です。

 

みなさん、こんにちは。

武田塾メディカル横浜校で講師をしていますNです。

最近寒くなってきたのでベタではありますが風邪予防についてのお話をしたいと思います。

私の自己体験談ですが、大切な試験前などによく体調を崩すんですね()

せっかくしっかりとした受験勉強が出来ていても当日その力が発揮できなければ、本も子もありませんよね。

そこで、効果的な風邪予防についてまとめてみたいと思います!少しでもみんさんの参考になれば幸いです!

 

 1.手洗いの習慣

手には意外と細菌がついています。

外出から帰ったらすぐに、石鹸をあわ立て、指の間もしっかり洗いましょう。

30秒間、水だけで洗っても細菌が80%減ると言われています。

風邪は手についたウイルスが、鼻や口を通って体の中に入って感染することが多い。

風邪が流行っている時はいつもより丁寧に洗いましょう。

 

 2.うがいの励行

水やお茶を喉(のど)の奥に溜めてから『ガラガラ』と声を出して3回程うがいをしましょう。

うがいをすると口の中や喉の細菌の数が減ります。

 3.マスクをする

風邪のウイルスは咳やくしゃみとともに飛び散って感染します。

完全にウイルスをシャットアウトすることはできませんが、風邪が流行っているときはマスクが効果的です。

インフルエンザなど流行っている時は、乳幼児や体力の弱っている人は人ごみの多い場所へ外出するのは極力避けるようにしましょう。

 

 4.乾布摩擦

乾いた布で皮膚を摩擦すると、皮膚を刺激し皮膚の体温調節機能が強められて皮膚の血行がよくなります。

体の代謝機能が活発となり、免疫効果を高め風邪をひきにくくします。

乾布摩擦をするときに肌を外気にさらしますので、寒さに強くなります。

 

 5.冷水摩擦

冷水につけたタオルをしぼって体をこすります。乾布摩擦と同様な効果があります。

センター試験まで3ヶ月ちょっとです。

この日のために頑張って来たのですから風邪など引かぬよう体調管理をしっかりとして勝負に挑みましょう!!

 

武田塾メディカル横浜校では医学部に進みたいが自分の学力だとどこにいけるの?

どんな勉強をすれば志望の大学に受かるの?などといった相談に専門知識が豊富な講師がお応えします。

無料受験相談を毎日行っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

皆様の進路を全力で応援します。

************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら ➡ 武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。