• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

短期間で急激に成績を伸ばすための-カリキュラム

短期間で急激に成績を伸ばすコツ

「短期間で急激に成績を伸ばす」というと、そんなことできたら苦労しないよと思う方もいるかもしれません。もちろん短期間で急激に成績を伸ばすということは簡単にできることではありません。

もし仮にそのような方法があるのであれば、誰だって簡単に学力をあげて医学部に合格することができてしまうからです。

しかし、短期間で急激に成績を伸ばすことを掲げてその方法を模索し続けている武田塾医進館と、ただ大人数に対して講義を展開しているだけの大手予備校では、その結果は違ってくると考えます。

「短期間で」「急激に」成績を伸ばすには、生徒一人一人に合ったカリキュラム、勉強法を確立してあげることが不可欠です。生徒によって今抱えている問題が異なっているため、当然今学ぶべき科目、分野などが異なってくるからです。

大手予備校は生徒の人数が多いため、生徒一人一人に対して適切なフォローやカリキュラムを作成するなどの手厚いバックアップ体制をとることは難しいでしょう。

一方で武田塾医進館では、生徒一人一人に合わせたカリキュラムを作成することで、短期間で急激に成績を伸ばすことにアプローチしていきます。


武田塾医進館の洗練されたカリキュラム

武田塾医進館の生徒一人一人に対するカリキュラム作成は、かなり綿密に行います。その綿密さは、内容と期限からも見てとれます。

内容に関しては、生徒の現状と目標から考え、オーダーメイドのカリキュラムを作成していきます。

医学部受験では、すべての受験科目で取りこぼしのない結果を出すことが欠かせません。そのためには、志望校の受験科目の中で勉強すべき課題を網羅した学習計画が必要になります。

そして生徒の現状と目指しているレベルを比較し、それに合わせて今抱えている問題を抽出し、その問題をいつまでにどのように解決していくかを考えていきます。

例えば、志望校によって受験科目や科目の配点も変わってきますが、その生徒の得意・不得意や受験まで残されている期間などから、どこに力を入れて学んでいくのが良いかを考えてカリキュラムを作成していきます。

カリキュラムの期限に関してですが、武田塾医進館ではかなり細かく学習スケジュールを立てるようにしています。

本人の実力と志望校のレベルを照らし合わせ、試験日から逆算して、一ヶ月ごと、一週間ごと、一日ごとに細分化した学習計画を提示します。

そして生徒一人一人に対して、今日は参考書のどこからどこまでを徹底的に理解していくかを、毎日提示しています。

このように、どの内容をいつまでにやりきるかを、細かく明確にして学習を続けることで、武田塾医進館では短期間で急激に成績を伸ばすことを可能にしています。


できない問題を解決できるようにする「個別指導」

どうすればできるようになるのか、考え方、解決策を考えられる思考法を身につけていきます。問題が起きた場合にどうすれば理解できるようになるのかという思考ができるよう指導していきます。

ペース配分とモチベーション維持への細心のフォロー

今の自分がどういう問題を抱えているか、何を相談したいかなど、 認識できるためのメンタルレポートを導入し、講師陣が適切なサポートを行っていきます。

本当に完璧になっているかをチェックする「確認テスト」

その日の課題とテストが全く同じ範囲で、計算ミスやケアレスミスなどもなくして完璧にしていくことを目的にしています。勉強した範囲から同じ問題を確認テストで出題し、全て満点を取れるかを確認します。

毎日の課題を「自学自習」で完璧にする教務指導

教務指導を通じて、一人ひとりの受験生に、完璧を目指す勉強方法を身に付けてもらうことと、完璧が当然という高い意識を築き上げることを行っています。

短期間で急激に成績を伸ばすための「カリキュラム」

受験生一人ひとりにとっては、通学する学校の都合などで、画一的な計画では無理が生じます。日々個別にヒアリングをおこない、習熟度を見極めながら、一日単位でタイムスケジュールを作り変えています。

面接・小論文対策

志望校の対策という最終的な部分だけではなく、その準備段階から指導し、面接や小論文で何をしたらいいかわからないという受験生でも十分な対応ができるように指導していきます。

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾医進館の校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。