• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

七草粥を食べよう

1月7日は七草粥を食べる風習があります。

七種は早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれ、春の七種を前日の夜、まな板に乗せ、囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れ無病息災を祈って七草粥を食べる。おまじないのような食べ方ですが、実は理に叶った風習です。

七草はいわば日本のハーブ、そのハーブを胃腸に負担のかからないお粥で食べる=正月疲れが出始めた胃腸の回復には丁度良い食べ物です。また野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという意味もあります。

 

七草の名前は実はそれぞれの植物の名前になぞらえた、縁起の良い語呂合わせの呼び方になっています。

芹(せり)

競り勝つ

薺(なずな)

ぺんぺん草ともいい、撫でて汚れを取り除くという意味

御形(ゴギョウ)

仏様の体という意味で母子草(ハハコグサ)とも言われる

繁縷(ハコベ)

ハコベラともいい、繁栄が広がるという意味

仏の座(ホトケノザ)

仏様が座禅を組んでいるような花の形から呼ばれる

菘(スズナ)

かぶ。神を呼ぶ鈴に見立てられる

清白(スズシロ)

大根。汚れのない清白を表す

 

最近ではスーパーなどで七草粥セットが売られており、簡単に七草が手に入ります。コンビニでも七草粥があったり、手軽に七草粥を食べることができると思います。今年の無病息災を願い、食べてみてはいかがですか?

 


【武田塾医進館御茶ノ水校】

 JR御茶ノ水駅から徒歩8分、丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩6分

 TEL:0120-057-733(フリーダイヤル)

 住所:〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-1美工本郷ビル4階

 お問い合わせはフリーダイヤルにご連絡いただくか下の「無料受験相談お申込み」フォームをご利用ください。

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾医進館の校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。