• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

目の疲れは脳の疲れ

「脳の疲れは目の疲れ」と言われるほど、目と脳には密接な関係があります。脳から出ている脳神経のうち3分の1は目につながっていて、しかも直接目と繋がっている神経が2つもあるのです。

 

人間の器官の中で、直接脳と繋がっているのは、目だけです。それほど、目、すなわち「目から入ってくる情報」というのは、脳にとって大切なのです。

 

脳は様々な手段で情報を選びとっていますが、約8割が「映像」に基づいていると言われています。つまり、脳に集められる情報の大半を「視覚」から得ているのです。

 

だから、勉強やテレビ、ゲームなどで目を酷使し過ぎると、「情報の入り口」である目が疲れ、結果的に脳が「集中すること」を拒否するのです。

 

「眼精疲労」を放置すると、そこから頭痛や肩こり、首こりが起こる。そして、思考が低下します。脳への血流が悪くなると、当然のごとく栄養も酸素もめぐらないため、頭の回転が低下し、さらに見え方が悪いことも、思考力に影響すると言います。

視力と思考力には密接な関係があります。ものを見ると網膜は視神経を通して脳中枢へ信号を伝達します。脳中枢に届いた信号を、前頭葉や言語野など様々な分野が連携して情報を分析。ものがクリアに見えれば脳も即座に働きます。

 

疲れ目、眼精疲労、解消アドバイス

①遠くを見る

②まばたきをし、休憩を取る

③蒸しタオルやホットアイマスク

(最近では使い捨てから、レンジで温め繰り返し使えるものがある)

④眼球を動かす体操

⑤眼の周りのマッサージ

 

眼に疲れが出るということは、脳も疲れているということです。

眼の疲れを感じたら、思い切って休憩を取り、上のアドバイスを実践してみてください。

 

 


【武田塾医進館御茶ノ水校】

 JR御茶ノ水駅から徒歩8分、丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩6分

 TEL:0120-057-733(フリーダイヤル)

 住所:〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-1美工本郷ビル4階

 お問い合わせはフリーダイヤルにご連絡いただくか下の「無料受験相談お申込み」フォームをご利用ください。

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾医進館の校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。