• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

空気の乾燥と風邪予防

風邪の原因の80%~90%はウイルス感染

ウイルスとは生きた細胞の中だけで増殖する生物のこと。風邪のウイルスは200種類以上あると言われていますが、多くは低温乾燥の環境で空気中の飛散量が増加します。

ウイルスは湿度の高い状況では、すぐに地面に落下してしまいます。空気中の水分と結合して、その重みで落ちるようです。湿度が40%以下になるとウイルスの持つ水分が蒸発して軽くなるため、落下速度はゆるやかになり、約30分間空気中を漂うそうです。空気中のウイルスは人が息を吸い込む時に鼻や喉にくっつき感染すると考えられています。

また、空気が乾燥するとのどの粘膜が乾燥して炎症を起こしやすくなり防御する力が衰えてきます。こうしたことが重なって、乾燥した冬には風邪を引きやすくなります。

 

なぜ冬は乾燥するのか

冬になると-50℃にもなるシベリアで発生した高気圧が日本海を渡って日本海側に雪を降らせます。季節風はその後、山を越えて太平洋側に吹き降りますが、日本海側に雨や雪を降らせて水分を放出しているので、とても乾燥しています。

 

エアコンで部屋が乾燥する理由

温度を上げれば飽和蒸気量が増えるのだから、それだけで乾燥しにくくなるのでは?と不思議に思っていました。どうやら冬の空気中の水分量は飽和水蒸気量に比べてだいぶ少ないようなので、温度を上げても意味ないそうです。空気中の水分量を絶対湿度というようです。

 

一方、湿度計で計るのは相対湿度と言います。例えば、飽和水蒸気量が10のときに空気中の水分量(絶対湿度)4だと4/10なので相対湿度は40%となります。

 

温度を上げると飽和水蒸気量も上がりますが、絶対湿度は変わりません。なので相対湿度は下がります。上の例で、温度を上げて飽和水蒸気量が20になったとすると、4/20で相対湿度は20%となります。なので乾燥するそうです。

 

上がネットでざっと調べた結果なのですが、これって皆さん納得できますか?僕は全然納得できませんでした。というのも、絶対湿度が変わらず4のままだからです。水分量が変わってないんだから、乾燥を感じなくても良いはず、と考えてしまいます。

 

体の表面にある水分って拡散の働きで、より相対湿度の低い方に移動してしまう性質があるんですかね?もしくは、ネットの情報が間違っていたのか。知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。

 

 

——————————————————————————————————————————————————–

【武田塾医進館御茶ノ水校】

 JR御茶ノ水駅から徒歩8分、丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩6分

 TEL:0120-057-733(フリーダイヤル)

 住所:〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-1美工本郷ビル4階

 お問い合わせはフリーダイヤルにご連絡いただくか下の「無料受験相談お申込み」フォームをご利用ください。

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾医進館の校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。