• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

11月26日はペンの日

11月26日はペンの日です。1935年のこの日、日本ペンクラブが創立されました。文学を通じて諸国民の相互理解を深め、表現の自由を擁護するための国際的な文学者の団体です。ペンクラブの初代会長は詩人で小説家の島崎藤村です。

 

受験勉強はシャープペンシルや鉛筆を使っている方が多いと思います。しかし、「東大生100人にとったアンケートで7割がボールペン派だった」というネットの記事を読んだことがあります。

 

ボールペンを使うことのメリット

①書きやすい

②文字が消えない

③文字を消す手間が省ける

④書いた文字がはっきり見やすい

⑤色分けできる

⑥使ったボールペンの数を自信につなげられる

 

⑥番については、インクを使い切ったボールペンの芯などを集めている受験生もいるようです。それを見ることで、こんなに勉強したんだ!と自信となり、やる気にも繋がりますね。

 

特に③は重要だと思います。解答を作ってみて間違えたら消しゴムで消す人がいますが、これは時間と消しゴムの無駄です。また、消すことにより、何故それがダメなのかがわからなくなってしまいます。

 

例えば、こんなことがよくあります。ある問題がわからないと質問しにきて、「どこまでわかってるのかを知りたいからノート見せて?」と聞くと「消してしまった」と応えます。「じゃあ分かるとこまでで良いから解き直して」と言って、書いてもらったノートを見てみると、ただの計算間違いが原因で解けていないだけだった。

 

また、参考書の解答と全然違うけど正しいやり方で、あとちょっと工夫すれば解けていた、なんてこともあります。こう見ると、消すことによって色々無駄が生じていることがわかります。また、その時なぜ解けなかったのか、何を間違えていたのかが分からなくなってしまいます。

 

何度も見直すノートはある程度キレイに作るためにシャーペンなどでも良いかもしれません。でも、ただ問題を解くためなら跡が残るようにボールペンの方が良いと思います。

 

11月26日のペンの日には、少し気分を変えてボールペンで勉強してみはいかかですか?

 

 

 


【武田塾医進館御茶ノ水校】

 JR御茶ノ水駅から徒歩8分、丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩6分

 TEL:0120-057-733(フリーダイヤル)

 住所:〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-1美工本郷ビル4階

 お問い合わせはフリーダイヤルにご連絡いただくか下の「無料受験相談お申込み」フォームをご利用ください。

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾医進館の校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。