医学部合格体験記

合格報告をいただいた方のうち、掲載許可をいただいた生徒さんのみ掲載しております。
武田塾の全ての合格実績ではありませんのでご注意ください。

山本 梨花さんの合格体験記

山本さん

『メンタルを保つ為に、圧倒的な得意科目を作っておく』

■ 名前
  山本 梨花さん

■ 合格大学

  •   九州大学医学部医学科

九大医学部現役合格おめでとうございます!国立の医学部って科目数も多くて大変だと思うのですが、圧倒的な得意科目を作っておくってどういうことなんでしょうか?

山本さん私で例えるならその科目が化学なんですが、毎回テストで満点取る!って気持ちでやってました。私の場合はそうやってメンタルを保っていましたね。

なるほど。。受験本番が近づくと不安になってきますもんね。メンタルコントロールも非常に大事なポイントになってきますよね。

山本さんはい。もちろん苦手科目を作らないようにも努力しました。うちは私含め、家族全員国語と英語が苦手なんで自信がつくまでめっちゃ勉強しました笑

家族全員!!笑 苦手科目って遺伝するんですね。。

山本さん苦手だって分かっていたので、私は中3から武田塾に通っていました。さすがに中3から塾に行っていれば苦手科目もできるようになります。笑

確かに。。継続は力なりですね。。

山本さんよくいるじゃないですか!「1ヶ月でセンター試験を何点上げる方法!」なんて本読んでる人。そんな簡単に成績上がらないから!笑 いいからその時間勉強しな!ってなりますね。

ごもっともです笑。九大現役合格されている人からの言葉は重みが違いますね。。

山本さん私の場合苦手科目は自分から勉強しないので、武田塾のテストが毎週あるのはとても助かりました。本来怠け者なので管理してくれる塾は私に合っていました。

なるほど。武田を選んだ理由ってなんだったんですか?

山本さん私集団授業がすごく苦手なんです。自分に話してる感じがしなくて全く頭に入ってこないんです。それにみんな苦手科目は違うのに、同じ授業するって無理があるなって思ってました。

その通りですよね。みんな基礎知識も違うし、勉強のスピードや苦手科目も人それぞれですもんね。

山本さんはい。それに生徒と先生の距離が近い塾が良いと思ってました。武田塾の講師の先生は私の性格をすごくよく分かってくれて、いつも適切なアドバイスをしてくれました。

講師の先生との相性も大事ですよね。家族とはどんな感じでしたか?

山本さんどこの塾に通うかは自分で決めました。私が行きたいと言ったとこに行かせてくれました。勉強に関して口出しをすると私が怒るので何も言わないでいてくれましたね。笑

良いご家族ですね。。苦手科目はどうやって克服しましたか?

山本さん1時間くらい死ぬ気で考えて、それでも分からなかったら解説を読みます。すごくシンプルで、間違えた問題をひたすら分かるまで解説を読んで解く。少し迷った問題も復習してました。

すごい。。もう無理ってとこまで考えることが重要ですよね。最後にこれから医学部を受験する方達に何かアドバイスはありますか?

山本さん英語は中学の時からちゃんとやっておけば良かったと思います。時間が物言う科目なので。。あとは確実に時間をかけて勉強すること。受験勉強1年だけ頑張って落ちても文句は言えないなって思います。

その通りですね。本日はありがとうございました!


新井 大地さんの合格体験記

新井さん

『一日一日の積み重ねが北大医学部現役合格につながった』

■ 名前
  新井大地 さん

■ 合格大学

  •   北海道大学医学部医学科

北海道大学医学部への合格おめでとうございます!しかも現役合格! すごいですね。。武田塾にはいつ頃から通いはじめたんですか?

新井さん武田塾には高校2年の4月から2年間通いまいした! とにかく国語の成績が酷くて、、母がネットでみつけてきてくれたのが武田塾でした。 とりあえず受験相談に行き、ここなら自分のペースで基礎からきちんと学べると思って入塾することを決めました!

なるほど。。 実際に武田塾に入って、武田塾の勉強法は自分に合っていたと思いますか?

新井さん武田塾に入ると一日一日のやるべき課題がハッキリしていているから、毎日ちゃんとやらないと借金が増えていくような感じなので、その日のうちに終わらせるように頑張りましたね。

借金!!いい例えですね笑 では次に、どこで勉強していましたか?

新井さんバスです笑 学校にバスで通っていたんですが、冬場になって雪が積もり始めると余裕で1時間くらいかかるんです。『シス単』や『古文単語』の暗記時間として使っていました。 あとは普通に、武田塾の自習室と自宅の自分の机でした。5時間以上の勉強時間とやることがあったら自習室、それ以外は自分の机っていう感じでした!

自習室だけじゃなく色々な場所で勉強ができる癖をつけることって大事ですよね。 では次に、苦手科目はありましたか?

新井さん国語ですね。。入塾前の国語の偏差値は30台でした。その後頑張ってすぐに偏差値50台後半にまではなったのですが、そのあとは一進一退しながらも横ばいのままでした。

偏差値30台から50台後半とはすごい!!夢ありますね! どうやって苦手だった国語を克服したんですか?

新井さん苦手な科目の克服法は、ひたすら読むしかなくて、メインの文章を読んだあとで本文の流れの説明をしっかりと読むことの繰り返しです。さらに設問の答を解説出来るようになるまで読み込んで、武田塾の特訓のときに講師の先生に説明することを繰り返しました。

講師に自分の言葉で話すことにより、自分の頭の中も整理されますもんね! どうやって勉強のモチベーションを保っていましたか?

新井さん北海道大学が地元にあるので、講師の先生も北大生ばかりです。僕の志望する医学部の学生さんもいます。身近なところに目標とする北海道大学の学生さんたちがいることが、一番のモチベーション維持につながったと思います。

志望校の学生さんたちに直接教えてもらえる環境って、イメージがしやすくてすごくいいですよね。受験が終わって今どんな気持ちですか?

新井さん武田塾に入ってからは毎週毎週、課題が示されてやってきたけど、 もし武田塾に入っていなかったら、気が付いたら本番の試験日で、「あーあ、やっぱり合格できなかったね」と呟いていたかもしれません。

確かに。。受験までの時間って長いようで、本当にあっという間に時間が過ぎますよね。

新井さんはい。。武田塾だからこそ、一日一日のペースを考えた宿題が出されるから、それに従って淡々とこなしていくだけで医学部合格に必要な膨大な課題を終えることが出来たと思ってます!

毎日の努力の積み重ねですね。。 では最後に、医学部受験生に向けて何か一言お願いします!

新井さん高校までは、やるべきことを誰かが教えてくれました。 でも大学に進学した時点で、自分の行動に責任を持つ大人なので誰も面倒をみてくれません!なので皆さんしっかり頑張ってください!

本当にその通りですね!新井さん本日は貴重なお話ありがとうございました。


齋藤 芳朗さんの合格体験記

斎藤さん

『取るべきところで落とさなければ合格できる!』

■ 名前
  齋藤 芳朗さん

■ 合格大学

  •   熊本大学医学部

熊本大学医学部への合格おめでとうございます!今日は難関大学へ合格した秘訣をたくさん教えてください!!ではまず最初に、たくさん塾がある中でなぜ武田塾を選んだんですか?

齋藤さん本格的に受験勉強を始めたのは浪人してからですが、高校時に授業をまともに聴いていなかったので、一浪時は大手の集団S予備校に通って授業中心の勉強でした。 二浪することになって、授業を受けるより演習量を増やす必要性を感じたので武田塾の受験相談を受けました。

なるほど。。その時の受験相談ではどんな話をしましたか?

齋藤さん校舎長の方が「君はどうしたいの?」と僕の思いを引き出してくれて、そのためにやるべきルート(志望校合格のために、どの参考書をどのレベルまでやらなければならないかを明示した表)を提案してもらいました。その時に、この武田塾のやり方なら頑張れると思い入塾を決めました。

武田塾の勉強法に共感していただけたんですね。ありがとうございます! 武田塾に入ってよかったなと思うことはなんですか?

齋藤さんまず、演習量が大幅に増え問題を解くことへの感覚が身につきましたね。武田塾では、毎週確認テストがあるので、そこを目標に勉強を進めることができたし、自分がどれぐらいできるようになったのか知る目安になりました。 また、武田塾が推奨する4日進んで2日復習という1週間単位の勉強方法が効果的でした。

そうなんですよね。。毎週テストだからずっと定期テスト前みたいな感覚なんですよね。。 浪人一年目は大手集団S予備校さんに行っていたそうですが、そこはどうでしたか?

齋藤さん大手集団S予備校もまったく無駄だったとは言えないのですが、講義だと納得がいかないところがあっても、先へ先へと進んでしまうので、いったんは分からないところを保留しておくしかありませんでした。

集団授業だとそうなりますよね。。武田塾に受験相談くる生徒さんは皆さん同じような悩みでいらっしゃることがとても多いですね!

齋藤さんでも参考書を使った自学自習ならば、納得がいくところまでやることができます。 演習問題中心の勉強で、このようにマイペースにやるようになって、俄然効率が上がりました。

武田塾の勉強法が合っていたんですね!偏差値はどれくらい上がりましたか?

齋藤さん一浪目のときの大手集団S予備校の全国模試では偏差値50にも行かなくて、、 それが、武田塾にはいってすぐに57ぐらいまで一気に上がりました!特に武田塾の物理のルートがすごく良かったので効果抜群でした。

それはすごいですね!成績が一気に上がった理由ってなんだと思いますか?

齋藤さん予備校の一方的な授業では、解きながら理解するということができなかったのですが、 演習量を増やしつつマイペースでじっくりと取り組めたことによって、正しい方法かつ自分が伸びるやり方でできるようになったんだと思います。

そうですよね。武田塾は、【自分のペースで勉強できるとこがいい】と選んでいただけることが多いですね。では次に、得意科目と苦手科目を教えてください!

齋藤さん得意とか苦手とか、そういう感覚はありません。。嫌いとかではないのですが、できないから一番力を入れたのが物理と数学です。

かっこいい。。笑 では、できない科目をどうやって克服していきましたか?

齋藤さん公式や定理を暗記してもどうにかなるものではありません。根っこにある考え方を分かった上で、公式や定理を使わないといけないのです。結局できなかった理由は問題を解く量が少なかったからだと気付きました。

できない科目を苦手や不得意と思わず、なぜできないかを分析したんですね!すごい! では次に、勉強はどこでしてましたか?

齋藤さん家族の目があってさぼりにくくするためにリビングに机を持ち出して勉強していました。笑毎日午前8時過ぎに起きて、9時前から家で自習です。

すごい!笑 家族の方のご協力もあってできることですね!自宅で集中できました?

齋藤さん僕は勉強を始めてしまえば一気に軌道に乗るのですが、そこへ行くまでが大変なのです。 朝起きてノンビリしてしまうといつまで経ってもエンジンがかからないので、いかに短時間で机に向かうかが一番の課題だったので、このやり方に落ち着きました。

分かります。。始めるまでが一番大変ですよね、ちなみに私は塾の自習室派でした!友達が勉強している姿をみてやばい!と思ってやる、みたいな笑

齋藤さん
そういう人は塾に通うメリットは大きいですよね!

では次に、これから医学部受験を目指す皆さんへなにかアドバイスとかありますか?

齋藤さんまず問題集ですが、最初はあまり難しいのに手を付けない方がいいと思います。自分でも「これはもう分かっているけど、一応再確認しておいた方がいいかもね」といったレベルから始めた方がいいです!

武田塾の【一冊の参考書を完璧にする】と繋がってきますね。医学部受験ならではのポイントなどありますか?

齋藤さん医学部の面接では、志望理由やどのような医者になりたいかが聞かれます。ですから受験生は前もって紙に書くなどしてまとめておくのですが、それだけでは話の柔軟性が消えてしまいます。

なるほど。。そうですよね

齋藤さんやはり最後は、自分の言葉でスムーズに話して、受け答えがしっかりしていると思ってもらうことが大切です。何かを意識して小手先のことで話しても、熟練した面接官にはすべてお見通しです。ぜひ頑張って、医者への道の第一歩を踏み出してください!

なるほど、自分の言葉で話すことが大事ですよね。今日は貴重なお話ありがとうございました!


加藤 祐さんの合格体験記

加藤さん

『薬剤師(34歳)から一念発起、医師の道へ』

■ 合格大学

■ 名前
 加藤 祐さん

■ 合格大学

  •   群馬大学医学部医学科

日本大学医学部への合格おめでとうごいます!しかも薬剤師として2年勤めた後の医学部への進学を決意したんですよね?すごい。。武田塾はどうやって知ったんですか?

加藤さん医学部を目指す受験勉強を始めてから、1次試験は突破できても2次試験の厚い壁に阻まれていて、、不足しているのは実践力と考えていた時にYouTubeで武田塾の存在を知りました。すでに8月後半だったんですが、武田塾の受験相談に赴き、入塾を決めました!

武田塾の勉強法を実際に試してみて、今までと変わったことはありますか?

加藤さん武田塾に入って一番の変化は、取り組んだ演習問題を見直すクセが付いたと思います。武田塾でときには励まされ、ときには叱咤されて、毎週の確認テストも常に90~95%の正答率で、偏差値が伸びただけでなく安定してきました。

なるほど。9月入塾で、すぐにその安定した正答率を出せたことがすごいですね! なぜ薬剤師からドクターを目指そうと思ったのですか?

加藤さん大学卒業後、薬剤師として2年ほど勤務していました。患者さんたちと話していて、こうしたらいいのにと思うことも多いのですが、薬剤師に出来るのは、医療全般から見ればほんの一握りの仕事でした。

なるほど。。現場に出て初めてわかったことがあったんですね。。

加藤さんさらに薬剤師は、ドクターに判断を委ねないとどうにもならない部分も多いのです。薬学部だと授業では本当に触りの部分しかやらないので、ドクターが学んできた知識とは比べ物になりません。

そうだったんですね。。

加藤さんそれに、ドクターの処方箋があっての調剤薬局です。明確な上下関係が出来て当然の世界なんです。それだったら自分がドクターになって、出来るようになりたいと思うようになりました。

その決断は本当にすごいですね! 受験勉強にブランクがあると思うのですが、苦手科目とかはありましたか?

加藤さんはい、数学です。出来れば一生、数学には関わりたくないと思っていました。笑

笑!数学は医学部受験に欠かせない科目なのに。。

加藤さんはい、、そんな数学ですが、本当に基礎のレベルから見直して積み上げて行く中で「凄く嫌い」が「ちょっと苦手」くらいになったと思います。

へえ!すごい!!克服したポイントとかって何かありますか?

加藤さん計算ミスが多かったので、最初は1個の計算式を書いたら、次に行く前にいったん確認してから次に進むようにしました。慣れてくると時間も早くなって、計算ミスも減ってきました。

自分にあったスタイルを見つけられたんですね!

加藤さんまた、本番に慣れるために必ず時間を計りながら勉強をしていました。もちろんスランプもありました。計算ミスが続いたときなど、何をやっても出来る気がしないのです。それでも結局はやらなきゃいけないので、気持ちが麻痺するまで我武者羅に勉強しました。

最後は気合ですよね!成績はどんな感じで上がっていったんですか?

加藤さん入塾したときは、模試でも日大医学部はE判定でした。 武田塾に入ったあと、着実に成績も伸びて、さらに安定するようになってきました。実際に、模試の結果もそうだったし、過去問を解いても着実に点数が取れるようになったと実感してきました。

目に見えて成績が上がるとやる気もでてきますよね!

加藤さんはい。直前期の武田塾での確認テストでは、金沢医科大学と、日大医学部と、福岡大学医学部の過去問をやるようにしていたのですが、日大医学部の初見の問題でも、7~8割を安定して取れるようになってきました。

なるほど。まさに逆転合格ですね!実際に日本大学医学部に進学してどうですか?

加藤さん正直年齢のハンデは感じますが、、 日本大学医学部は以前から聞いていた通り、1週間のうちの半分ぐらいは英語での授業です。さらに、すでに大学の薬学部を出ているとはいえ、以前学んだことよりもさらに詳しく学べることの喜びを感じています。

なるほど。。ちなみに今は何科に一番興味があるんですか?

加藤さん内科の糖尿病関係にとても興味があります。糖尿病で難しいのは、患者教育です。食生活をどうやって正すのか、運動習慣をどのようにして付けるかを説得して、分かってもらうことが大切になってきます。

確かに!それは薬剤師の時の知識も活かせそうですね!では最後にこれから医学部を目指す受験生に向けて何かありますか?

加藤さん医者に求められていることって、単なる医療の知識だけではなく、患者さん一人ひとりに合った提案が出来るかどうかだと思っています。みなさんもぜひ、新たな一歩を踏み出してください。

今日は貴重なお話ありがとうございました!


藤巻さんの合格体験記

その他

『基礎がしっかり分かっていれば、医学部は合格できる』

■ 名前
  藤巻さん

■ 合格大学

  •   東海大学医学部医学科

タイトルにもあるように基礎ってすごく大事だと思うんですが、具体的にどうやって基礎を固める勉強をしてきましたか?

藤巻さん簡単な参考書を1冊完璧にしました。中途半端に終わらせたりせずにしっかり最後までやりました。勉強していると焦ってどんどん先に進めたいけど、我慢して1冊を完璧にしました。

なるほど。。まさに武田塾のやり方ですね!これから医学部を目指す受験生に予備校選びのポイントなど何かありますか?

藤巻さん集団授業がいいのか、個別指導がいいのか?は自分で判断すべきだと思います。集団授業に向いている人は、自分で復習できる人、やりっぱなしにしない人だと思います。

その通りですね。。でもそれが一番難しいんですよね。ダイエットと一緒ですね(>_<)分かってはいるんだけどっていう。。

藤巻さんはい。僕も自分では管理ができなかったので武田塾に入りました。武田塾では今日何をすべきかを明確にしてくれたので、何も考えずに集中できました。

なるほど。。成績の上がり具合ってどんな感じでしたか?

藤巻さん最初は全部E判定でしたが、入塾してC判定になりました。また英語は最後まで苦手でしたが、合格できる最低ラインまで持っていくことを意識していました。

受験の日までに完璧にできる人なんてほとんどいないですからね。。苦手科目はどんな風に勉強しましたか?

藤巻さん苦手な英語は単語→文法→長文と慣れていきました。あと英語に関しては、少し難しいけど参考書はポレポレを使っていました。普段から難しい問題を見ていたので、本番では焦らずにできました。

すごい!英語が苦手な人はとても参考になりますね。得意科目はどうでしたか?

藤巻さん最初は得意だと思っていた数学の基礎が意外とできていなかったので、参考書は数学基礎問題精講をやりました。この参考書は本当におすすめで、これができるようになってからずいぶんと変わりました。

すごい。。基礎を固めることへの熱意が感じられますね笑

藤巻さんはい、これから受験する人たちには絶対に伝えたいことですね。基礎を甘く見ないこと、簡単だからと飛ばして進めてしまうのはダメです。1回最初からやってみることが重要だと思います。

その通りですね。。最後に、これから医学部を受験する人たちに向けて何かアドバイスありますか?

藤巻さんどんなに難しい問題でも基礎がしっかり分かっていて途中まで解くことができれば少しは点数が入ります。なので何度もいいますが、必ず基礎を固めてしっかりと復習をして欲しいと思います!!

勉強の本質ですね。本日はありがとうございました!

武田塾医進館では偏差値30~40台の生徒たちを、今までも数多く医学部大学へ「逆転合格」させています。偏差値が伸び悩んでいるのであれば、ぜひ武田塾医進館にお任せください!

入学意思の有無に関わらず、勉強法、志望校対策、医学部の受験に関してアドバイスさせていただく「無料受験相談」や入会金なしで2週間(最長4週間)通うことができる「お試し医進館」も実施しています。本気で医学部合格を目指している方は、ぜひ一度、武田塾医進館の無料受験相談にお越しいただければと思います。