• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】「医学部進学のためのマネ―ガイド」【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

みなさんこんにちは。メディカル横浜校です。

今日の朝は冷え込みましたね~!

しっかり暖かくして過ごしてくださいね。

 

さて、今回はお金の話をしたいと思います。

ちょっと長くなりますが、お付き合いください。

 

「医学部進学にはお金がかかる」とよく言われます。

国公立大の医学部なら、6年間で約350万。私立大医学部となると、2,000万~4,000万かかるとされています。

 

国公立がものすごく安く感じますね。

ただ少し注意しなければならないことがあります。

それは、国公立に進学できれば学費を安くすませることができますが、その分倍率もすごいので、進学塾に早くから通う人が多く、その塾代などの先行投資費用がかさむ、という点です。

そして、一人暮らしをする必要が出た場合の生活費も考えなければなりません。

 

中・高も私立、大学も私立となると、最大で5,000万円以上の費用がかかると見込んでおかなければならないそうです。

 

5,000万円とはなかなかの額ですよね。

しっかり計画を立ててお金を蓄えるのが第一ですが、いくつか医学部進学の費用を抑え、助けになる方法がありますので、それを簡単にご紹介していきたいと思います。

 

  • 「学資保険」などの満期受取型商品

株や為替などは元本割れのリスクがあり、それを当てにするのはなかなかリスクが高い…。

そこでお勧めなのが、学資保険などの商品を購入する時点で、満期時に受け取る金額が確定されているものです。

受け取る金額が確定しているので、どれだけあと必要なのかなどの計画が立てやすく、確実に資金にすることができますね。

 

  • 奨学金

学費を納めるための資金が足りず借りるとなった場合、まず検討したいのが奨学金です。

奨学金には

  • 給付型:一定条件をクリアすれば、返済が減免される
  • 貸与型:返済義務を負うが、教育ローンより金利が低い

の二種類があります。

 

公的な奨学金制度の中で一般的なのは、日本学生支援機構ですね。

2017年に給付型も設立されましたが、貸与型の奨学金を主にしていて、無利息で借りられる第一種奨学金と、在学中は無利息・卒業後3%の第二種奨学金 があります。

第二種奨学金は、今まで定額変換方式といって、毎月定額返済の方式でしたが、2017年から前年の所得に応じて返還月額が変わる「所得連動変換方式」になったので、昔よりも返済しやすくなっています。

 

その他にも大学独自の奨学金や各地方自治体独自の奨学金制度がありますので、志望先の大学や住んでいる自治体の制度を調べてみて下さい。

 

  • 特待生

優秀な成績で入試を突破した人を「特待生」として学費を減免する医学部も少なくありません。

例えば、杏林大学は2018年度入試から、一般入試の成績上位者の中か最大15名に学納金の一部を免除する制度を導入しました。

北里大学は、一般入試合格者の中から若干名、学費の一部または全額を免除する制度を設けています。

減免幅が大きいのが一般的な特待生制度の魅力ですが、かなり狭き門と言えます。

 

一方で、減免幅は小さいけれども、対象者数が多い特待生制度を設けている大学もあります。

たとえば、大阪医科大学の「前期1次試験合格者100名を対象に、入学時納付金を242万減免」する「入学時特待生制度」

東京医科大学の「一般入試成績上位者35位まで、センター試験利用入試成績上位者20位までを特待生とし、初年度の授業料および教育充実費計500万円を免除」する「特待生枠」

などがあります。

ぜひ一度志望先の制度を調べてみて下さい。

 

  • 教育ローン

自己資金を貯めて、奨学金制度などを利用してもまだ足りない場合であれば、教育ローンも検討する必要があります。

教育ローンには、①公的金融機関が貸し付けるもの(公的ローン) ②民間の銀行や信用金庫などが貸し付けるもの(民間ローン)2種類があります。

まずは、金利負担がより軽い公的ローンを借り、それでも足りなければ民間ローン…という風にするのが良いでしょう。

 

公的ローンで最も代表的なのは、「日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)」ではないでしょうか。

これは、学生一人につき最高350万円まで融資が受けられ、返済期間は最長15年。固定金利型で年1.81%。母子家庭や父子家庭または世帯年収が200万円以内の場合が年1.41%の優遇金利が適用されます。

 

民間ローンでは、医学部向けの商品も出てきていますので、チェックしてみて下さい。

 

いかがでしたか?

色々な方法がありましたね。

自分の進学にどれが使えるか、家族で話し合ってみてもいいかもしれませんね。

その話し合いや普段の会話の中で、受験に関して疑問に思うことが出たら、

是非わが校の無料受験相談も活用して解決して下さい。

 

相談は随時受け付けていますので、下に書いている電話番号か問い合わせフォームよりお申込みください。

 

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3

TEL0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。