• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】兵庫医科大学【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

兵庫医科大学

 

急性医療総合センター

健康医学クリニック

教育研究棟がH30年完成予定

 

研究例

スポーツ医学、スポーツ選手から高齢者の膝関節障害に展開

ニューロリハビリテーション、脳卒中の後遺症の麻痺の軽減

超高齢化社会におけるリハビリテーション科専門医の育成、地域医療の確保

産科婦人科、関西で初めて体外受精に成功した草分け

少子高齢化、晩婚化が一層進行する中での不妊治療の重要性のほか、

若年化がすすむガン治療の後にも妊娠の可能性を残せる卵子・卵巣の凍結保存技術分野への注力(妊孕制温存)

兵庫県がん生殖医療ネットワークの中心

生殖医療スペシャリストの養成、全国各地での啓蒙・出版、安全・確実な標準的不妊治療の普及推進を継続

 

競争的研究資金獲得H28年度実績

文科省科研費 266百万円(142)

厚労省科研費 26百万円(3)

その他、日本医療研究開発機構研究費等、計約173百万円(21)

 

知識詰込み型でなく、学生が主体的に学ぶカリキュラム

集中力に配慮した75分授業の採用

1年次は関西学院大学での教養科目履修

低学年次からの医療現場体験により、患者さんや医療スタッフと接し、目的意識を具体化

基礎医学系研究体験(3週間)

 

ネイティブスピーカーとの会話など実践的な英語力養成

関西学院大学での人文・社会系科目履修など、幅広い教養を養い、豊かな人間性と倫理をもつ医師を育成

チーム基盤型学習(TBL

6人程度のグループで、課題解決型学習

学内医学教育センターによる万全の対策により、国家試験をバックアップ

学校法人兵庫医科大学は、兵庫医療大学に薬学部、看護学部、リハビリテーション学部を擁し、大学病院を中心とした、ボーダーレスなチーム医療教育

 

先端医学研究所

細胞移植部門、神経再生研究部門、細胞・遺伝子治療部門、アレルギー疾患研究部門

 

兵庫医科大学ささやま医療センター

丹波地域の医療拠点、救急も含めた包括的な地域期医療

医療と介護を橋渡しするささやま老人保健施設。(老人保健施設を有する大学病院は全国に三つのみ)認知症フロア含めて100名の高齢者を収容

 

兵庫医科大学病院

急性医療総合センター、ダ・ヴィンチはじめ最新医療機器による先端医療

災害拠点病院として、大規模災害時にも機能する急性医療総合センターを開設

生殖医療センター、生殖医療専門医、産婦人科医、不妊カウンセラー、生殖医療胚培養士等によるチーム医療体制で最先端の生殖医療

 

アイセンター:目および目の周囲のあらゆる病気に対応

 

兵庫医科大学特定診療科医師養成奨学制度

3名(外科1名、麻酔科・疼痛制御科1名、救急科1名)

年額285万円、総額1710万円

指定する診療科で5年間勤務により全額返還免除

 

兵庫県推薦入学制度

県指定のへき地の病院等に9年間勤務で、全額返還免除

貸与額6年間総計44.8百万円

 

入学試験

一般:約80

1次試験

数学(90)150

英語(90)150

理科2科目(120)200

小論文(60)

2次試験

個人面接

 

センター利用:約10

1次試験[センター試験]

国語(近代以降の文章のみ)100

数学200

理科(物理・化学・生物から2科目選択)200

外国語(含むリスニング)200

2次試験

個人面接

 

センター利用:約3

1次試験[センター試験]

国語200

数学200

理科(物理・化学・生物から2科目選択)200

地歴公民(世界史B、日本史B、地理B、現代社会、倫理、政経、倫理・政経、から1科目選択 100

外国語(含むリスニング)200

2次試験

個人面接

 

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。