• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾医進館横浜校】効果的な学習の10のルール【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

効果的な学習の10のルール

 

1.思い出す

教材を1ページ読んだら顔を上げて要点を思い出す。要点を頭に入れないうちに教材に蛍光ペンでマークしてはならないし、マーキングは最小限にとどめる。思い出す練習(検索練習)は教室に向かう時や勉強部屋から別の部屋に移るときに行うことも出来る。勉強のやり方が適切かどうかは、この思い出す能力が1つの目安となる。

 

2.自分をテストしてみる

教材内容を把握して覚え込んだかどうか、常に自分をテスト。

 

3.解法をチャンクにする

問題の解き方を理解し、繰り返し練習してチャンクにまとめれば、解法が一瞬にして思い浮かぶようになる。一度答えを出せた問題でも解法の手順を1つ1つ確認しながら反復して完璧に解けるようにしよう。ピアノのレッスンのつもりで問題を再三再四解けば情報がチャンクに収まり、好きな時に当のチャンクを引き出すことができる。

 

4.間隔反復を試す

脳は筋肉のように鍛えることは出来るが、一度にこなせる運動量はごく限られている。覚えておきたい情報にしても間隔を置きながら思い出すようにしよう。この間隔反復により情報は作動記憶から長期記憶に移行する。「Anki」などのフラッシュカード・システムは間隔反復に最適だ。

 

5.複数の解法で練習する

同じ解法を用いて長々と練習し続けても、そのうちに前問の解き方をなぞるようになる。別の解法が必要な問題も混ぜながら取り組めば、ある1つの解法はどのように利用するかだけでなく、どういう時に使うのかがはっきりのみこめる。また、宿題や試験を終えたら必ず間違いをチェックして問題を解けなかった原因を突き止め、その後、不正解だった問題をやり直そう。

様々な解法を覚えるには索引カードが役立つ。カードの表側に設問を、裏側に問いと解法手順を書き込む(タイピングより手書きの方が記憶に残りやすい)。索引カードをスマホで写真に撮れば、その写真をスマホの学習アプリに取り込むことが出来る。さらに、教材のページをパラパラめくって適当に選んだ問題を解けるかどうか試してみよう。

 

6.休憩を取る

数学や科学のなじみのない概念をすぐにのみ込んだり、問題をいっぺんで解くことができたりする人は少ない。そのため、唐突に長時間勉強しても効果がなく、数学や科学では毎日少しずつ学習する方法が理に適っている。イライラしたり、疲れたりしたら休憩を取ろう。その間も別の脳部位が問題に取り組んでいる。

 

7.わかりやすい説明と比喩の効果を利用する

難しい概念は10歳の子供の聞き手を念頭に置いた平易な説明を考えると、当の概念を深く理解できるようになる。頭の中で考えるだけでなく、ノートに書いたりすれば、覚えておきたい情報をコード化して神経回路の記憶構造に変換できるだろう。また、電流は水の流れに似ているというように概念を何かにたとえると、すばやく覚えられる。

 

8.集中する

勉強するときは携帯電話やパソコンの電源を切ってからタイマーを25分にセットし、25分間、一心に集中して精一杯がんばる。25分後にちょっとした報酬を自分に与える。これを一日に数回実行すると勉強がだんぜん捗る。携帯電話やパソコンをちらちら見ずに済む場所に定時に移動して勉強することも無理なく試せるだろう。

 

9.厄介な課題から手をつけ始める

頭がすっきりしている朝一番に、重要でありながら嫌いな課題や手強い課題に取りかかろう。

 

10.メンタル・コントラスティングで活を入れる

メンタル・コントラスティングでは現在の状況と自分の願う将来のあり方を引き比べる。たとえば、懸命に勉強して専門職についたりしたい人は、その夢を思い出させる写真や言葉を仕事場や自室の壁に貼っておく。やる気がなくなりかけたときに写真を見れば、自分を鼓舞することができる。

 

***************************************************

武田塾医進館横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾医進館横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾医進館の校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。