• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】医学部受験で必要な力【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】【医系予備校】【医系進学】

「医系大学を受験するために必要なチカラ」

 

こんにちは!武田塾メディカル横浜校のMです!

今回は、医系の大学を受験するために必要な「チカラ」について書きます。

 

医系と他学部では、受験において求められる「チカラ」が違うということを知っていますか?

 

医系以外の学部を受験する場合、試験で必要なのは「考える(思考する)チカラ」です。

ある程度、過去問などで出題傾向を把握することはできますが、その場で考えて、述べる力が求められます。

 

一方、医系の受験の場合、試験で必要とされるのは「多くの問題を速く正確に解くチカラ」です。

勿論、論述問題などもあるので思考するチカラも必要ですが、何よりも最も必要なのが「多くの問題を速く正確に解くチカラ」なのです。

いくら自分の偏差値が志望校の偏差値に足りていても、早く正確に解く力が足りていなければ、試験で落ちる可能性も高いのです。

何故ならば、医系に進学し、就職した際。

多くの場合において「速さ(スピード)」「正確さ」は必ず求められます。

ゆっくり、うーん・・・?と考えながら手術したら、患者さんが困ったこと(婉曲的表現)になってしまいますし

正確な診断が出来なければ、誤診になり、これまた患者さんが困ってしまいます。

つまり、医系に進みたいのならば「多くの問題を速く正確に解くチカラ」を身につけてきてください。

と大学側に言われているという訳です。

そのため、医系受験の勉強では、正確性や解くスピードを上げるために、多くの演習が必要です。

より多く問題に取り組もうと思うと、集団授業よりも個別授業がいいですし、さらに言えば、自分のスピードでどんどん進めることができる自学自習の勉強法が合っていると言えます。

 

 

ただ、自分の理解度がどの程度なのかを正確に知っておかないと、自学自習でも成績を伸ばすことが出来ません。

理解が進んでいないのに、それより上のレベルの問題を解いたって、成績は伸びませんよね?

逆に、理解が進んでいるのに下のレベルの問題をやっていても、成績は伸びませんよね?

 

武田塾はそうならないよう、生徒それぞれの理解度を探り、自学自習をより効率よく進められるカリキュラムを用意しています。

ぜひ活用してください。

他塾生でも歓迎です。武田塾MEDICAL横浜校を上手に踏み台に(利用)して、合格を掴み取って下さい!

 

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。