• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】参考書の進め方【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

こんにちは、武田塾MEDICAL横浜校です。

 

今回は、「参考書を進めるうえで意識してもらいたい2つのこと」について話していきたいと思います。

 

 

 

①1回で完璧にしようと思わない

これが意外と大事だったりします。

 

意気込んで新しい参考書を始めたのに、分からない問題が出てきて萎えてやめてしまった経験がみなさんにもありませんか?

 

私も初めはそうだったので、気持ちはものすごく分かるのですが、これはある種の完璧主義から生じているものなのではないかと思います。

 

完璧に理解しようと思っているからこそ、分からない問題が出てきたときに、もう無理だと思って放棄したくなってしまうのです。

 

そんなときは一度飛ばしてしまいましょう

 

ただし、飛ばした問題は頭の片隅にとどめておき、いつか再び考えようという姿勢は忘れてはいけません。

 

 

勉強が進んでから戻って考えると、案外スッと理解できたりするものです。

 

 

 

②解いた問題を〇、×、△の3つに分類する

これは復習をするときに非常に有用です。

 

1回目で完答できた問題まで全部復習したら膨大な時間がかかってしまいますよね。

 

しかし、1回目に解いたときに○、×、△に分類しておけば、×と△の問題だけを復習すれば良いことになります。

 

ちなみに復習の際、優先すべき問題は×と△のどちらだと思いますか?

 

正解は、△の問題です。

 

理由としては、△の問題はあと少しで正解できそうだった問題なので、△を○にするのは比較的簡単だからです。

 

逆に×を○にするにはかなりの労力がかかる上に、下手をすると考えても△にすらならない可能性もあります。

 

 

復習はぜひ△を中心に行い、余裕があれば×という順番で行ってください。

 

これらのことを意識して勉強し、参考書をマスターしてしまいましょう!

************************************************

武田塾メディカル横浜校                  

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

 

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。