• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾医進館横浜校】夏休みに意識しておくべき2つのこと【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

こんにちは、武田塾医進館横浜校です。

 

暑さも厳しくなってきていよいよ夏本番ですね。

 

 

さて、今回は夏休みも近いということで、私が夏休みの勉強時に意識していた2つのことについてお話ししたいと思います。

 

 

①勉強の量をこなす

何事も量より質が大事だとはよく言いますが、量をこなさないうちに質を求めようとしてもなかなか効率は上がりません。むしろ体感では、楽をしようという方へと走ってしまい、失敗する事の方が多いように感じます。

 

まず、量をこなすことによって、次第に要領が良くなり、質の良い勉強が出来るようになっていくのです

 

この現象には名前も付けられていて「量質転化の法則」と言われています。

 

 

“量→質”の過程を認識し、地道な努力を積み重ねていく事こそが、効率の良い勉強をするための一番の近道なのです。

 

 

②基礎を固める

これは絶対に夏休みにやってほしいことNo.1です。

 

夏休みが終わってしまうとまた学校や予備校で忙しくなり、自分の勉強をするためのまとまった時間がとりづらいため、夏休みは基礎をやり直せる最後のチャンスであると言えます。

 

特に浪人生の方についてですが、後期の授業は前期の授業に比べ、問題が発展的で難しい場合が多いです。

 

基礎が理解できていないということは、発展的な問題を考える材料がないということなので、問題演習をしても時間の無駄になってしまいます。

 

後期の半年間を無駄にしない為にも、夏休みには焦ってむやみに難しい問題に手を出すのではなく、もう一度しっかりと基礎が出来ているか見つめ直してみて下さい

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

夏休みは受験の登竜門と言われることもあるほど受験生にとって大切な期間です。

 

春を迎えるには、厳しい寒さの冬を乗り越えねばなりません。

 

この一年間だけでも遊びたくなる気持ちをぐっと抑えて、勉強づくしの1カ月を過ごしてみてはいかがですか。

 

みなさんが良い春を迎えられることを心から祈っております。

************************************************

武田塾医進館横浜校                  

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾医進館横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾医進館の校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。