• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】大学・学部紹介(酪農学園大学 獣医学群獣医学類)【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

酪農学園大学

獣医学群獣医学類

 

学力試験(2018年度)

 

英語      100

数学(1A2B) 100

理科(選択:化学・化学基礎/生物・生物基礎) 100

合計 300点

 

健土健民《健やかな大地が健やかな民を育む》をモットーとして、自然との共生可能な農業を目指す。獣医学類と獣医保健看護類を含む獣医学群のほか、農食環境学群を有する農業系総合大学。

牛馬の糞を醗酵させ発電に利用したのち、完熟堆肥として牧草地に戻す酪農生産ステーションは環境に負荷をかけない循環農法・健土健民の実践のひとつであり、年間数千人の酪農関係者が見学に訪れる。『三愛精神』を建学理念とし、《神を愛す・隣人を愛す》のキリスト教精神に、大学独自の《土を愛す》を加えたもの。自然の恵みを享受しつつ、全ての人間の幸福を願う人格教育も重んじている。足尾銅山の鉱毒事件で民衆のために立ち上がった田中正造の生き方に感銘を受けた建学者の黒澤酉蔵。かつて付近一帯の酪農家たちが生乳の余剰で危機に瀕したとき、自身も北海道製酪販売組合(現雪印メグミルク)を立ち上げ、酪農家自ら加工品を作り販売することで危機を切り抜けたそうです。三愛精神の教育理念を同じくする附属高校は獣医学群獣医学類へ20名の進学枠をもち、地元北海道の酪農を牽引するリーダーを育てています。

一年生は学群に関わらず全学生が同一の授業を受けます。獣医学類の学生も畑で作物をつくり、牧場で牛を追い、搾乳しバターを作る、という体験を通じて農業全体へ眼を開かせます。また、国際情勢や経済学を学び、国際化の著しい農業を生業とする素養を身に着けるとともに、文学にも触れ自然や命に共感する懐の深い人格を培います。

二年次からは学生3人に対して教員が一人という手厚い教育体制で、進路指導も始まります。第66回の獣医師国家試験合格率は91.4%(獣医系私学中2位)。獣医は一般企業や農業団体から行政機関まできわめて多岐にわたる活躍分野があり、《ペットのお医者さん》のイメージしかなかった学生が進路を変えることも多いため、早い段階から充分に時間をかけてキャリア設計への自覚を促します。ここでも自然・人・農業全体に眼を向ける基盤教育が活かされています。

附属病院は年間12000頭の伴侶動物のほか、年間13000頭もの産業用大型動物が来院。CTやMRIなど最新の医療装置を利用し、様々な症例が経験でき、かつ獣医保健看護学類とのチーム医療を学びます。診療のみならず家畜の健康増進、感染病原体分析監視センターなど公衆衛生の指導、また卒後の獣医師教育など、地域酪農の拠点となっています。

獣医学だけでなく乳製品製造実習室、食品加工実習室、肉畜生産ステーション、作物生産ステーションなど農業・畜産業全般にわたり最新設備を備えた教育・研究環境が整備されており、畜産業のみならず生命科学から環境科学まで幅広い研究が可能です。

海外20カ国40機関と連携を持ち、海外研修・共同研究など積極的に推し進めて酪農先進国に学び、農業の国際化に対応できる人材育成を図っている。また地域の農業に貢献するのみならず、海外青年協力隊でのOBの人的支援は国内トップクラス。獣医ほか飼育指導、農産物加工、飼料生産、理数科教員、環境教育、感染症対策、村落開発普及など多岐にわたる人的支援を展開しています。

 

大学案内パンフ、大学ホームページなど参照

 

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。