• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】小論文解答例②(自治医科2017②)【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

 本文ではアメリカやイギリスの例が出ていたが、日本でも労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能となる。とりわけ医療分野の医師の世界では、業務が人工知能に取って代わることが可能なのだろうか。

 代替可能と言われている医療関係の職種は、医療事務員、保険事務員である。これらの仕事は、特別な知識・スキルをそこまで必要とせず、データ分析や秩序的・体系的操作が求められる職種である。

 反対に人工知能での代替が難しい職種は、医療社会福祉士、作業療法士、産業カウンセラー、医師である。これらの仕事は、抽象的な概念を整理・創出するための知識、他者との協調や他者の理解、説得、交渉、サービス志向性が求められる。

 これら2つの例から医師の業務内で考えてみると、数値によるデータ解析や膨大な過去データの統計を出すといった仕事をAIが担うことは今後増えそうである。しかし、人間の病因は多岐にわたる。内臓や骨・筋肉等の不具合を見抜くことは出来ても、家庭環境からくるストレスなどをAIが推測することは難しい。このことから今後は、AIと人間のお互いの長所を生かす総合医療が実現されることが望ましい。

 

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。