• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】小論文解答例(自治医科2010①)【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

「原子に対して生物は圧倒的に大きな存在である必要がある。」のはなぜか。出題文に沿って説明せよ。(200~400字)

 

    本文に示されているルートn法則により、少ない粒子の中では誤差率が大きくなり、多い粒子の中では誤差率が小さくなる。これにより生物は大きい存在でいる必要がある。その理由を二点以下に述べる。

 一つ目の観点は量子力学からである。素粒子というのは急に消えたり現れることが可能である。これは例えばマクロの世界で人間が突然消えたり現れたりすると無秩序で混乱した人間社会になってしまう。

 二つ目の観点は医学からである。自己免疫疾患という免疫異常がある。通常、免疫は体外から異物を認識すると攻撃するのだが、体の中にあるものに似た異物が体内に取り込まれると、抗体が体内物質を異物だと誤認して攻撃してしまうことがある。このような一連の出来事がマクロの世界で人間の手によって行われると平和な世界として成立しえない。

 

 

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

 

 

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。