• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾医進館横浜校】慶応大学の問題の特徴【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

こんにちは、武田塾医進館横浜校です。

 

最近蒸し暑い日が続き、勉強に集中しずらくなっていますが夏休みのスタートまでもう少しなので頑張りましょう。

 

 

今日お話しするのは慶應大学の試験問題の特徴についてお話しします。

 

正直に言うと、慶応大学の試験問題はかなり特殊な問題が出題されます。

その特殊性ゆえに、大学受験が終わると予備校などに悪問と批判されることが非常に多くあります。

 

たしかに、一般的な大学受験の範囲を考えるとかなり難度の高い問題が多く出題されたり、また例えば世界史においては、学部生や院生が習うような専門知識が普通に出題されます。

勿論高校の教科書には載っておらず、ひどい時には用語集にものってないものまで出ます。

 

そんなの無理じゃん!と思う方もいるかもしれませんが、合格点ギリギリで戦うなら参考書だけの知識で十分戦えます。しかし圧倒的に点数を稼いで合格するならやはりそういった特殊な問題を取って行かなければなりません。

 

しかし、普通の参考書には載っていない。ではどうするのか?

 

慶應大学は普段からある知識をもとに派生した知識を自主的に調べ探求している生徒を求めています。慶應大学の教授は皆口をそろえて本当の知性とは自ら探求した知性の事であり、人から与えられた情報をただひたすら機械的に暗記することは知性ではないと話しています。

 

世界史を勉強しているときもただ参考書を暗記するだけではなく、一つの事柄に対してさらに用語集などで知識を深めていく姿勢が必要です。

 

英語なども受験の参考書だけを解いているのではなく自分で英字新聞を買って読んでみたり、海外の映画を字幕付きで沢山見てみたりと自主的に触れていく事が大切です。

 

皆さんも慶應大学合格のカギは自主性だということを覚えておきましょう!

 

************************************************

武田塾医進館横浜校                  

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾医進館横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾医進館の校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。