• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】杏林大学医学部【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

杏林大学医学部

 

良き医師の養成:的確な問題解決能力と高いコミュニケーション能力

 

知識を詰め込むだけでなく、統合し活用する柔軟な思考力の育成のための、双方向授業を行う。

 

臨床実習を中心とした臨床カリキュラムを国際基準に基づき展開。英語による情報収集・発信の能力向上のため、医師資格をもつネイティブスピーカー教員による講義を設置。海外大学病院で現地の臨床実習を受けるプログラムもある。医師・研究者として世界で活躍できる環境を提供。

 

地域と大学プログラム

三鷹市の協力のもと、学生自身が設定した地域の医療・福祉についての課題を、実際に街に出て体験・学習するカリキュラムを開講し、地域医療への貢献意識を養う。

 

意欲ある学生のための、基礎研究や臨床医学への橋渡し

学生の段階から、学会発表や論文執筆、臨床カンファレンスへの参加、研究会・読書会での手技の研鑽など、教員とともに、進んだ学習のできるプログラムも充実。

 

1年次:課題を学生で協力して解決するプレチュートリアル

 

授業以外にも、学年に関係なく、基本的な外科手技を学べる場を設ける

 

グループ学習やチュートリアル等のカリキュラムにより、チーム医療を実践する基礎を習得する。

 

Topic:

 膵臓のβ細胞に特化したイメージングシステムを開発、インスリンがβ細胞から分泌される像を世界で初めて捉える

 

附属病院

東京西部の基幹病院として、高度医療の提供、開発、研修を担う特定機能病院。

地域医療を支え、教育・研究の場としても機能

 

世界初、撮影スライス厚0.25㎜のCTスキャンなど、最新設備も導入。

高度救命救急センター

広範囲熱傷、指肢切断、急性薬物中毒など特殊疾患にも対応

総合周産期母子医療センター

ハイリスク妊娠、産褥婦と新生児の24時間受け入れ

 

がんセンター

がん専門外来の充実、化学療法、疼痛などの緩和ケア、ガン相談支援体制、ガン専門医の育成にも注力

脳卒中センター

脳卒中専門医療チーム、発症翌日より超急性期リハビリの提供

腎・透析センター

血液透析、アフェレーシス、血漿交換、腹水濃縮再注入など、あらゆる血液浄化療法に対応。腹膜透析の導入・外来ケア

 

国内有数の大規模集中治療施設

 

ヘリポート

島しょ地域、多摩山間地域の急病患者、周産期患者の受け入れ

東京都災害拠点病院として災害時の緊急対応

 

1153症、外来一日2225人、入院1日平均809人、医師585人、研修医112人、看護師・准看護師1377人、助産師92人、薬剤師66人、、、)

 

大学院

生理系専攻、病理系専攻、社会医学系専攻、内科系専攻、外科系専攻、

 

入学試験

 

一般(91名)うち東京地域枠10名、茨城県地域枠2名。

英語 60分、100

数学 60分、100

理科 生物、物理、化学から2科目選択、100分、150点(75+75点)

小論文 60

面接

 

センター利用(25)

英語 200

数学 200

理科(生物、化学、物理から2科目選択) 200

 

小論文 60

面接

 

東京都地域枠(順天堂10人、杏林大10人、慈恵会5人)

(東京都住民、高校卒業者)

修学費全額+生活費月額10万円

返還免除9年間(初期臨床研修2年含む)

 

茨城県地域枠

(茨城県内、高校卒業者)

医師修学資金 月額15万円

 

納付金

初年度 約1005万円

2年次以降 約550万円

 

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。