• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】東海大医学部の入試小論文テーマ【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

東海大医学部の入試の小論文で、AIのテーマが出たそうです。

 

世界中で日々報告される症例や処方のインプットは人間が追いつけるものではありません。ひとたびAIによる医療が上市されれば、世界中で使われ、リアルタイムで情報が集約され共有化され蓄積されていく。その情報量の増加や加速度的な経験値向上は、人間をはるかに凌駕するでしょう。また、ひとりの人間の医師を一人前に育てるには大変な時間と労力とお金がかかります。人間の医師の数を増やすのは大変ですが、コンピュータなら、今すぐにコピーし、大量生産・購入することも可能です。不要になれば休止や転用も容易です。診断・処置の正確化と効率化、コスト削減のため、AIが医療を席捲することは時間の問題なのでしょう。それはもちろん患者さんの利益になるものです。また、生身の医師個人の負担を軽減するだけでなく、おそらく国費削減の強力な選択肢となることでしょう 。ここでの国費とは、直接の医療費のみならず、医師を育て上げる間接費用も含みます。しかし、その一方で、どの業界でもそうであるように、少なからず人間の労働は駆逐されていくのでしょう。むろん、全てではないにしても。

 

さて、今はまだ、機械が苦手とすることは何でしょう。素人考えでまず思い浮かぶのは、外科的な手術です。例外的にはダビンチなど、人間より正確な手術ができる場面もあるようですが、それも人間が操作してのことであり、また割合としてもごく少数でしょう。そのほか、人間が生き延びる道として、AIを用いた医療ソフト・機器開発なんていう道は、逆に広がったのかもしれませんね。

 

他には?まあ、将来はどうかわかりませんが、記号化されない情報への対応も、そのひとつのように思えます。言葉に置換された情報の扱いは、機械の方が人間よりはるかに上手なのでしょうから。

 

患者さんは、さまざまな理由で、思いを伝え切れない、あるいは自分でも気づかない症状すらあるかもしれません。見栄や恥じらいのため、問診にすぐには率直に答えられないことも。しかし、診察は後がつかえていて、ためらう時間すらありません。

 

患者さんが、顔を赤らめたり、一瞬目を伏せたり、言いよどんだり、逆に大げさに痛みを訴えたり。決して言葉には現れない、それどころか、問診票ではむしろ捨象されてしまう、そんなしぐさや表情、声のトーンから、言葉に置換し切れない情報を読み取る。そもそも、患者さんがお年寄りや障碍者、子供なら、不具合を伝えようにも、適切な言葉が浮かんでこないですよね。

 

AIが医療を圧倒しても、まだそこには人間に残された何かがあるのではないでしょうか。いずれはそれもなくなるのかもしれませんが。そんな、言葉に置換できない患者の情報を見て取るという意味では、むしろ獣医さんの方が先輩格なのかもしれませんね。病人(動物)本人と言葉を交わすことが出来ないため、飼い主という第三者からの情報も積極的に収集する、という能動性においても。

 

もしも人間が、問診票に書き込まれた文字化された情報のみを受け付け、さらにそれを機械任せの受動的な解釈に委ね、定型的な処置に終始するのであれば、その部分はたちまちAIに取って代わられることでしょう。

 

数年前、同じく東海大医学部の入試小論文で、ある一枚の写真を見て、思うことを述べよ、という問題が出題されました。医師が子供の患者さんに対面して、お互いに舌を出しています。それは何かの検査で、舌を診るのに、お医者さんが子供に対して見本を示しながら観察しているシーンのようでした。とくに子供などには、言葉で指示するだけでなく、実際に見本を示すなど、意思疎通のためあらゆる工夫をしなければならない、という意味なのでしょう。

 

ところで、それはとてもほほえましい光景でした。言葉で指示するだけでなく、子供と同じ動作をやって見せることで、子供との距離が急に近くなるのは、子供と接すれば誰しも感じることです。直接の治療行為だけでなく、そうした雰囲気作りにも、診療に怯えがちな子供を診るときには、少なからぬ意味があるのでしょう。みなさんも、小さい頃、歯医者さんの待合室で、処置室からの金属音を聞きながら、今か今かと震えていた思い出はありませんか。

 

他にも、そうやって舌を出したままでいると、舌の筋肉は疲れてくるし、口の中は乾いてくるし、、、そんな患者さんの小さなストレスを自ら同時に共有して、できるだけ早く済ませる意識を持ちなさい、というようなことまで含まれているのかもしれません。医師の立場としては、真剣であればあるほど、じっくり観察したいのでしょうから。

 

写真の患者さんは、なぜ大人でなく、子供だったのでしょうか。それは上記のような、患者の言葉にならない声を想像する力を持って欲しい。また医師の側から患者に伝えるときも、言葉だけではなく、母鳥が雛に餌を噛んで含めるような、様々な工夫や、何より患者の立場に立った具体的な配慮が必要だと言っているのかもしれません。

 

今はどの大学案内のパンフをみても、コミュニケーションの重視、ということにかなりのスペースが割かれています。かつてのようなパターナリズムが何かと問題にされる昨今、たとえ子供の患者相手でも、いや十分な表現や抵抗の手段を持たない子供相手だからこそ、上から目線の独善的な対応にならないよう細心の注意を払うことが大切なのでしょう。また患者さん相手の意思疎通のみならず、高度に専門分化した現在の医療では、役割分担は不可欠であり、チーム医療における専門家相手のコミュニケーションも同じく重要です。

 

医学部入試に合格するには高い学力を身に付けることが必要です。しかしそのためには、ふつうは他のことを犠牲にして受験勉強に集中しなければなりません。また、何か疑問を抱いても、とりあえずはそれを封印して、与えられたものを消化していく従順さが最も効率よい方法なのでしょう。そしてその過程で、真剣な意見交換などというものは、置き去りにして思春期を過ごしてしまう。それは無理からぬことです。

 

受験勉強は言葉による理詰めの世界です。紙に印刷された文字のみを材料として、論理に従い次々と問題を解いていく。その一つの目標に向かって、わき目もふらず頑張り続けてきた医学部生。その合理性と効率とを何より重んじてきた理知的な医学部生だからこそ、コミュニケーション、特に、言葉には直接表れない声に耳を傾け、また相手に伝えるにも、言葉だけに頼らない姿勢をもって欲しいという大学側のメッセージが、その設問に込められていたのではないでしょうか。

 

チェック項目に従って、患者さんにアンサーシートを埋めてもらう。それをそのまま医療アプリに入力する。そしてソフトに処方を提案してもらいそれを判断する。最近は診察室でも患者さんの顔は見ずに、パソコンの画面ばかりみているお医者さんも少なくないそうですね。むろん現在も未来も、業務の大半は、その定型的・受動的な解釈がもっとも効率よく、その基本ラインを崩すことは、逆に多くの診断や治療を不要に混乱させるだけでしょう。しかし、ときには直接診察に関係ないような冗談や世間話で、空気を和らげたり、患者さんの反応をみて病状を探る。家庭環境や仕事の状況など、病院に持ち込まない事情にも、わが身に置き換えて思いを馳せる。そのような能動的な情報収集と、その情報を一歩踏み込んで解釈する姿勢は、機械が人間に追いつくのにはまだ多少の時間が残されているのではないでしょうか。

 

無論、人間とてベースラインとなる基本的な知識や技術の習得を怠ることは許されません。しかし、それだけでは機械に太刀打ちできないことも事実です。少なくとも努力の方向をいくらか軌道修正する必要はあるのでしょう。

 

ブレードランナーやターミネーターのような未来を本気で心配している人は殆どいないでしょう。せいぜい、人間の尊厳や定義にこだわる思想家くらいでしょう。大半の人は、ただ現実へのぼんやりした不安として、効率よい機械に、職を奪われると心配する程度でしょう。今より少しだけ明るそうな未来の世界で、人間と機械とが相互に補完し合い、全体として、そのパフォーマンスをどう最大化するか。そんな風にむしろ楽観的に、AIを歓迎する気分の人の方が多いのではないでしょうか。みなさんはどう思われますか。

 

***************************************************

武田塾メディカル横浜校

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。