• 医学部対策・勉強法
  • よくある質問・FAQ
  • 無料受験相談とは?
無料受験相談

【武田塾メディカル横浜校】運動の効果とすゝめ【医学部・受験】【大学受験】【塾・予備校】【医学部専門予備校・横浜】

 

こんにちは、武田塾メディカル横浜校です。

 

 

部活もやりたいけど勉強する時間が取れなくて悩んでいるという人いませんか?

 

 

確かに部活をやりすぎて全く勉強ができないのは、良くないです。

 

しかし、適度に運動をすることは、いくつかの点で勉強面においてプラスに働くことが知られています。

 

今回は「運動の利点」についてお話ししたいと思います。

 

 

①時間が少ないからこそ、集中できる

中間・期末テストの直前になると、いつもよりも頭の回転が速くなり、勉強がはかどったという経験はありませんか?

 

これは時間が限られ、適度な緊張感を感じることによって、大脳辺縁系にある扁桃体が興奮し、海馬や前頭葉を賦活するからです。

 

これを締め切り効果と言います。

 

 

 

部活で時間を取られれば、受験勉強の時間が少なくなります。

本来は5時間くらい学習できるところを、2時間とか3時間になるかもしれません。

 

しかし、だからこそ、その短い時間に集中して勉強しようとして、質の高い学習ができるのです。

 

 

②脳が活性化される

神経科学者のアーサー・クレーマーの調査によれば、60歳から79歳の人たちに、ランニングマシンで、週に3回、1時間の運動を6カ月間継続させた後、MRI検査をすると、前頭葉と側頭葉の皮質容量が増えたということです。

 

容量が増えたということは、脳の中で、新しい血管や神経細胞が生まれたということです。

 

 

また、ハーバード大学の疫学研究者ジェニファー・ウーヴによれば、70歳から81歳の女性、18766人の認知能力を分析した結果、週に12時間のウォーキングか4時間のランニングをしていた人は、記憶や知能テストで能力が衰える確率が20%低かったといいます。

 

 

このことから、運動をすることによって脳の容量が増加し、その結果、脳の機能が向上したということが分かります。

 

 

このほかにも運動をすることはストレス解消にもなるので、忙しいとは思いますが、勉強の合間に運動してみてはいかがですか?

 

では本日はこの辺で。

************************************************

武田塾メディカル横浜校                  

JR・東急東横線・相鉄線横浜駅から徒歩3分

TEL:0120-915-734

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-10 曙ビル6F

お問い合わせはこちら  武田塾メディカル横浜校へ問い合わせ

無料受験相談お申込み

入塾の意思のあるなしに関わらず、志望校対策や進路の悩み相談、武田塾のやり方による自学自習の方法、志望校別個別カリキュラムについての説明等を行っております。

お申込みはこちらから。
校舎案内・アクセス

お近くの武田塾メディカルの校舎を探される場合はこちらから。
武田塾をお探しの場合には当ホームページサイドバーにあります「武田塾公式サイト」のバナーより武田塾ホームページをご覧ください。